無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

794
2020/10/02

第3話

2話ー私と幼なじみと親友とー
乃愛
ごめんね…。奏斗
乃愛は奏斗におぶられて、保健室へ向かっていた。
奏斗
いつもの事だろ?気にすんなって
奏斗の背中は、乃愛の定位置だ。
乃愛
うん。
大丈夫??
乃愛
うん。ありがとう…
保健室への付き添いは藍も着いていく。
ー保健室ー
養護教諭「今日はどうしたの?」
乃愛
ちょっとめまいが…。
養護教諭「そっか。ここで休んでて」
乃愛
ありがと…
じゃぁ私先に戻るね。


お大事に。


奏斗はもうちょっといてあげて。
藍は二人きりにさせようと、先に教室へ戻った。