無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

429
2020/10/21

第26話

25話ー翌日ー
翌日、藍はいつも通り迎えに行った。
詩乃「ごめんなさいね。夜に急に熱が出てね。」
そうなんですか!

じゃぁ、学校帰りによっていきますね。
乃愛と藍は中学からの友達だ。

乃愛が中学2の時に転校してきたのだ。
詩乃「ありがとね。藍ちゃん。」
いえいえ。
詩乃さんは、乃愛の母。


今37歳でめちゃ美人。
藍は、直接話そうかと思ったが、熱があるなら、LINEでもいいかと、LINEを送った。
乃愛。

私も昨日乃愛たちが帰ったあと、LINEで奏斗に告白したよ。

返事は、体育祭の時だって。

それまで、奏斗へのアピール頑張ろう!
と送った。