無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

615
2020/10/29

第7話

6話ー保健室~藍と奏斗と乃愛~ー
乃愛が再度聞いた。
乃愛
どうしてしないの??
奏斗
え?!なに?してほしいのか?
奏斗がびっくりして聞き返した。
乃愛
そりゃぁ…ねぇ?
奏斗
ふーん。。
まぁ俺は好きな人しかしねぇけど
乃愛
もう一回聞くけど、なんで藍にはして、私にはしないの?

私の特等席は背中っていう答えはなしで!
奏斗
んー。

教えねぇ。
乃愛
えーちょっと!
乃愛が急に立ち上がった。
突然ふらつく。
奏斗
おっと…。
奏斗がとっさに支えた。
乃愛
ごめん…
そしてチャイムが鳴った。
奏斗
やべっ!戻らんと!

乃愛背中乗れ!
乃愛
うん…!


藍お大事にね!
うん。またね!
乃愛、奏斗の背中でも嬉しそう。



でも奏斗はなんで私だけなんだろ…。