無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

374
2020/10/23

第31話

30話ー体育祭ー
乃愛。改めておめでとう~
乃愛
ありがとう。

ビックリしちゃったよ💦
でもわかっていた。

蒼さ…いや蒼の告白の事を…
奏斗
蒼さんとお似合いだな。
乃愛
うん…ありがとう。


あとは、藍と奏斗の男女混合リレーだね!
うん!頑張るわ!
奏斗
頑張ろな!藍!
うん!
そして、借り物競争が終わった。
アナウンス「ここで、午前最後の応援の得点に入ります~!」
あ~!乃愛が頑張ったやつだ!
乃愛は体育祭には出れないので、せめて応援だけはと、応援副団長に立候補した。
アナウンス「えっと…

一番声が出ていたチームカラーは?」
私たち藍、乃愛の組は、紫。1年4組、2年2組、3年1組と同じチームカラーで頑張っていた。
アナウンス「えっと、3位…青チーム 2位…緑チーム 1位…満場一致でした!2年の取山乃愛さんが印象的でした!いろんな意味でw」
生徒「あはは!」

生徒「よっしゃ!2位!」
アナウンス「1位 紫チーム!


そして、一番印象的だった、MVPは…?


取山乃愛さん!」
やった!


乃愛おめでとう~!
乃愛
うん!
MVPには、1位得点+50点の加算だ。
団長「乃愛さんおめでとう!ありがとうね!」
団長さんが近くにやって来たのだ。
乃愛
いえいえ…。


お役に立てた見たいで…。
団長「じゃぁ!」
乃愛
はい!
乃愛は嬉しそうだった。