無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

492
2021/12/06

第66話

ろくじゅうろく


会ったばっかりだもん。もう少し、一緒に居たい…
あなた
もぉ少しだけでいいから…一緒に居たい…/////

は、恥ずかしい/////

今すぐに穴に隠れたい!



すると、
目黒蓮
俺も、あなたと一緒。もぉ少し一緒にいたい。

と、私を優しく包み込む。


暖かかった。蓮…///// それに、蓮の匂いがする
あなた
蓮って…たまに甘くなるよね、
目黒蓮
は?なんだよ、それ。それはお前もだろ。いきなり甘えてきて

ツンデレな蓮も好きだけど甘々な蓮も嫌いじゃない。
あなた
いいじゃん、大好き…なんだもん…/////

そう言いながら、蓮の腰に手を回す。
目黒蓮
お前、ずるい…/////

蓮が照れてる。可愛い♡なーんて言ったら怒られちゃうだろうなぁ
あなた
だって…ホントのことだから…

と、蓮と目が合った。

私は、恥ずかしくなって目を閉じた。



すると、
あなた
ん?!ひょっとー

唇を摘まれた。だから上手く喋ることが出来ない。
目黒蓮
ふはっ(笑)すげぇ顔してた(笑)ははっ(笑)

やって、唇から手が外れた
あなた
ちょっと!やめてよね?!私…だけ、恥ずかしい…じゃん

すると、蓮は私の頭に手を置いて顔を近づけてくる
目黒蓮
また今度…な?

ず、ずるい///// この笑顔は…反則



目黒蓮
どっか歩くかー。暇だし
あなた
うん/////

蓮は私の手を取ってロングコートのポケットへ入れる。

暖かい。
目黒蓮
お前、すぐどっか行って迷子になるからな。
あなた
フン!私、こう見えて迷子の放送とか流れたことないんで?!
目黒蓮
へぇー(笑)偉いじゃん

相変わらずからかってくる。けど、やっぱり蓮といると幸せ。





ねくすと❣️