無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

286
2021/12/02

第65話

ろくじゅうご



そして、あれから数日が経った。


今日は12月31日。年越しの日。今日、蓮に連絡してみよっかなぁ。
でも、忙しいかもだし。ダメかな…


と、悩んでいると…


プルルルルルプルルルルル📞


あ、電話か、、誰だろ…
あなた
えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!蓮!

蓮からだった。
あなた
📞 あ、はい…もしもし
目黒蓮
📞 お、あなた?元気?

久しぶりの蓮の声。聞きたかった。

まだクリスマスから1週間も経ってないけど。
あなた
📞 うん、元気だけど…蓮は?元気?
目黒蓮
📞 俺も元気。…あのさ
あなた
📞 うん、
目黒蓮
📞 ベランダから外見てくんね?
あなた
📞 ベランダ?!

と、思いつつベランダに向かって外に出てみる。

すると、え、なんで…


外には蓮が電話を片手にこちらに手を挙げていた。
あなた
📞 え!?あ、今から降りる!

と、電話を切って急いで外に向かう。
あなた
蓮!寒かったよね?!ごめん、気づかなくて
目黒蓮
いいよ。別に。俺が勝手に来ただけだから

あぁー!久しぶりの蓮の顔。改めて思う…かっこいいなぁ…
あなた
あ、なんで来てくれたの?
目黒蓮
あなたに言いたいことあったし。会いたかったから

会いたかった?!/////
あなた
わ、私も…会いたかった…
目黒蓮
ふはっ(笑)なんかお前やけに素直じゃん
あなた
は?!そ、そんなとこないし?!フン!
目黒蓮
ははっ(笑)まぁ、いいや。お前さ、明日って空いてる?

ん?!あ、明日〜!?
あなた
え、あ、あぁーあいてるけど…
目黒蓮
んじゃ、空けとけよ?明日、連れていきたいところあるから。
あなた
え?!どこ?!
目黒蓮
言わねぇ。明日のお楽しみ。

なんだよ…でも…そうゆうのなんか嬉しい/////
あなた
分かった。空けとくね!楽しみにしてる!
目黒蓮
あぁ。俺も。じゃ、それだけだから
あなた
あ!ちょっと待って!!




ねくすと❣️