無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

286
2021/11/21

第61話

☁ろくじゅういち-【向井、みお編⑦】☁

私たちは外のイルミネーションを見に来た。
向井康二
めっちゃ綺麗やな。
みお
うん、ほんとに綺麗。

康二、ほんとにありがとうね。

そろそろ、プレゼント渡したいなぁ。
向井康二
あ!あの辺に座らへん?
みお
うん!座ろ!

よし。今しかないよね!?
向井康二
ふわぁ〜!疲れたぁー、めっちゃ歩いたもんな。みおは?大丈夫?
みお
私もちょっと足痛いかなぁ
向井康二
ほんならちょっと休んで行こか
みお
そうだね

今、渡す。チャンスだよね?!
みお
あのね。康二?
向井康二
ん?
みお
康二に渡したいもの、あって…
向井康二
え、?!
みお
これ、プレゼント。クリスマスだし。
向井康二
ほんまにええの?!俺が貰って
みお
うん、康二のために選んだから気に入って貰えたらいいけど
向井康二
開けていい?!

コクリと頷く。

そして、明け終わると
向井康二
うわぁ!これ、俺が欲しかったやつやねんけど!!
みお
ほんとに!?良かった〜!!
向井康二
でも、こんなに高いもんほんまにええの?
みお
うん!康二に貰って欲しいから

すると、康二が私に抱きつく。
みお
ちょっと?!康二?!
向井康二
ほんまにありがとう。めちゃめちゃ嬉しい。
みお
喜んでもらえてよかったよ?私こそ、今日はありがとう

と、頭に何かが当たった感覚がした。
みお
ん?

不思議に思い、頭を触ってみると
みお
え、康二、これ

ニット帽だった。
向井康二
俺も用意してたんやけど、みおに比べたら全然いいもんやなくてごめんな
みお
…康二!!

と、今度は私から康二に抱きつく。
向井康二
みお?!/////
みお
全然だよ!絶対、絶対に大切にする!!
向井康二
俺も。
向井康二
カメラもみおも俺が絶対に大切にしたる!

康二/////
みお
バカ…/////

私のクリスマスはとても。いや、とっても!いい日になりました😊




クリスマス編【向井、みお編】完結。







ねくすと♡