無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

小学校高学年の時
猫耳
猫耳
保育園は、次のチャプターで書きますね
猫耳
猫耳
高学年は……そうですね
猫耳
猫耳
平和でした(あれっ)
猫耳
猫耳
でも、前に言った通り、6年の時の先生には、
猫耳
猫耳
ほんとに、イラついてたし、
猫耳
猫耳
高学年は、大人が嫌いな時期でした
猫耳
猫耳
高学年だからって言う言葉も浴びたし、
猫耳
猫耳
引越しのこともあったし、
猫耳
猫耳
なんて言ったって、大人に笑われるのが嫌だった
猫耳
猫耳
先生の目の前で発表した時、
猫耳
猫耳
笑われたんです
猫耳
猫耳
これも6年の話になるんだけど、
猫耳
猫耳
自分自身、文章が上手くいかなくて、そのまま発表に行ったんですね、
猫耳
猫耳
そしたら、クラスの子が、どうにか褒めようとして、
猫耳
猫耳
嘘ついたんですね
猫耳
猫耳
しかも、発表を聞いていた先生も笑ってて、
猫耳
猫耳
ほんとに辛かった思い出がありますね。
猫耳
猫耳
でも、親友がいてくれたのが、何よりも支えだったなと感じます
猫耳
猫耳
しかも、その先生お尻を触ってくるんですね
猫耳
猫耳
すっごく気持ち悪かった
猫耳
猫耳
5年生は、まだ、平和だったなと感じますね
猫耳
猫耳
6年生が1番きしょく悪かった…今思えば
猫耳
猫耳
うん……
猫耳
猫耳
引っ越すって決まった時、泣きましたもん
猫耳
猫耳
自主勉ノートぐっちゃぐちゃ
猫耳
猫耳
手紙で反対!!って言いましたw
猫耳
猫耳
以上で、高学年の話でした