第6話

そろそろかな?
妊娠が分かってから長い月日が流れ
ある日の夜中
遥菜
ヨイショッ(*´・ω・`)=3フゥ
ウッ
(つわりかな?トイレ行こ)
ガチャッ
(部屋を出てく)
侑李(夫)
(物音に気づいて)
遥菜?
トイレでは
遥菜
ハァハァウッ
侑李(夫)
遥菜、つわり?
大丈夫?
数日後
そう言って背中をさすり続けてくれた侑李でした
遥菜
ねぇ、侑李そろそろ入院しようかなって思って
それなら、侑李が仕事行ってても、安心でしょ?
侑李(夫)
まぁね、でも寂しいかも...
まぁ、分かった!
遥菜
ありがとう
入院当日
遥菜
侑李、一緒に出てこー
侑李(夫)
分かった!ちょっと待って
遥菜
頑張ってね!
ブップゥ(クランクション)
髙木君
(窓から)
遥菜ちゃん〜乗ってく?
有岡君
おいでよ!
中島君
圭人何読んでんの?
薮君
光〜肩貸してー
伊野尾君
おいでよ!
髙木君
ちょっと、騒がしいけど笑笑遥菜ちゃんを病院まで送るって言ったら、俺らも行くって言うからさぁー
遥菜
ほんとに良いの?
侑李(夫)
良いから、乗って!お願いしたの僕だから!
遥菜
侑李も毎回、毎回お願いし過ぎ!
ごめんね、いつもいつも
八乙女君
良いから、良いから
岡本君
いつでも、手伝うから!
病院に着いて
遥菜
髙木君ありがとう!皆、仕事頑張ってね!
JUMP
JUMP
うん!/おう!