無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
150
2021/09/11

第1話

プロローグ



"そんなかっこいいところあるか?笑"



"好きな人……なぁ……。今はバレーに集中したいかな?"



"確かに、このままあなたの名字とこうしてたいなぁ……"



"え、!?いや、別に道宮に恋愛的感情は抱いてないぞ!?"



"そう思ってくれて俺も嬉しいよ"



"……はいはいw、ありがとなぁ"



"なぁあなたの名字……いや、やっぱインハイの後に言うよ"






楽しかったなぁ……この3ヶ月間



先輩のおかげで、私の見てた真っ白な世界に色がつきました。



先輩には感謝しかないです。



でも、そんな楽しかった時間も、もう終わっちゃうんですね……



寂しいなぁ……



……ひとつ心残りがあるとすれば



試合は、見たかったなぁ。



先輩、私に何言おうとしてくれてたんだろ笑



……暇だ、なぁ、



今頃、試合、終わってる頃かなぁ、



見に行きたかったなぁ……



ここから、出たいよ



最後に見る顔は、先輩がいい。



先輩とどうやって出会ったんだっけ……?



ああ、そうだ。あの日だ。



私が、___としてたときだ。