無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

116
2021/09/18

第3話

2話
キーンコーンカーンコーン
先生
おーい、立ってる奴席付けー



チャイムがなると先生が入ってくる。



担任この人になったんだ……



去年と同じじゃん。
先生
あ、あなたの名字来たのか!
先生
じゃ、今年もよろしく



先生は誰にも分け隔てなく接する人で、もちろん私も例外ではない。
あなた
よろしくお願いします!w



私だけ2週間遅れた挨拶。



クラス替えも行われていて、自己紹介ももう済んでいるだろう。



元々私は出席日数ギリギリで、一定の人としかつるまなかったからか



クラス替え後のこのクラスに、知り合いは縁下しかいない。



というかほぼ縁下とばっか絡んでたからこのクラスになったのは幸運と言えるだろう。



……まあ、どうでもいい、か。
先生
じゃあ出席とるぞ〜
先生
相野、石井〜〜



クラスメイトの名前が呼ばれていき、呼ばれた人が返事をしていく。



……クラスの名簿から私の名前が消えようが



みんなは気にしないよなぁ……
先生
あなたの名字
あなた
はーい



この席も2週間空いてたんだし



なくなっても誰も気にしないかもなぁ。



縁下はちょっと悲しんでくれそうだけど笑



それでも、悲しんでくれる人がいるだけマシってもんなのかな?



せめて……せめて



親には悲しまれたいなぁ……なんて












無理だよね。
先生
じゃあ今日は移動教室多めだから、遅れんなよ〜




出席を取り終わると、最低限の連絡だけして朝のHRは終わった。



だから、うちのクラスだけ他のクラスよりも時間に余裕ができた。
縁下力
あなた、1限目って数Aだけどわかるか?
あなた
ん、侮ってもらっちゃー困るねー
あなた
ちゃーんと
縁下力
わかってるのか?
あなた
わかってない!!!
縁下力
ドヤるな!w
あなた
いや〜、やっぱ縁下に教えてもらうのが一番わかりやすいよね!
縁下力
はいはい、お世辞言わなくても教えてあげるってw
あなた
あ、まじ?
あなた
やった!
縁下力
お世辞ってこと認めんのかよ!
あなた
わかりやすいってのはほんとでーす!
縁下力
ほんとかぁ?
縁下力
まあいいけどw
縁下力
とりあえずさっき渡したノート出して、教えるから
あなた
さっすが縁下!!
あなた
頼りになるよね!
縁下力
俺以外に頼る人がいないだけでしょ



うぐっ……



図星……
あなた
そ、そそ、そんなことないし??
縁下力
はいはい、そーですか笑



そうして、授業が始まるまで縁下に教えてもらった。



頭に入らなかったとしても、縁下とこうして楽しくできたんだ。



ありがとう



私の最後にしては、すごい贅沢だったかな



バチ当たらないかな……?