無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

2度目の約束
昨日、あたしは龍くんとある約束をした


それも、2度目の約束


1度目は、『変わること』


2度目は……

お互いの、会いたい人を探すこと
 簡単のようで難しい約束


あたし達はいつ、この2つ目の薬草に気づくんだろう……?


もう達成している事実さえ気づかず時間を過ごす
龍
ここ懐かしいな
望結
望結
来たことあるの?
龍
わからない。

だけど何故か懐かしい
麗奈
麗奈
ねぇ、もしかしたらりくくんの探してる人身近に居るかも?
龍
え??


この時は、れいなの言葉の意味に全く気づかなかった

聞くんだった

あたしはいつも、後悔を残す
龍
ゴホッゴホッ
望結
望結
大丈夫?
陸くんが咳き込みだした


この時、風邪だと思っていた自分に教えてあげたい

病気だということを


陸くんは、この日から一年後


亡くなった


もっと早く気づくんだった


あたしに残ったものは、後悔だけ

あの日、陸くんを見ていたのに


それでも、時間は進む


あたしにとってもあなたにとってもいい時間ではない時間が

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 H.s♛ℳ.
H.s♛ℳ.
平野紫耀/超特急拓也大好きです♡ https://prcm.jp/talk/1348121/about 新規だけどよろしくお願いします´。・・。)ノ♡。.
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る