無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

302
2021/12/22 11:24
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
なんか焦げ臭くねえ?
そう言われてすんすんと嗅いでみれば、確かに、少し焦げ臭い臭いがします。キッチンの方からしたのでそっちに目を向ければ、黒い煙がもわもわと…火事!?
あなた
お兄ちゃんっ!
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
チッ、あなた急いで出ろ!
飴村乱数
飴村乱数
待って、さっき一郎がキッチンにに行かなかった!?
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
まずいですね…もしそれが本当なら一郎くんが危ない!
あなた
お兄ちゃん私見てくる…っ!
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
やめろ!俺が行く!
私は乱数さんと寂雷さんに連れられてリビングから出て、変わりにお兄ちゃんがキッチンへ走っていきました。まだ出入口は塞がれてませんし、無事に出てこれるはず…!
______________________
_______________
山田一郎
山田一郎
申し訳ございませんでしたッッッッッッ!!
ずざあっ、と効果音がつきそうな勢いで土下座する一郎くん。え、何があったんです?
飴村乱数
飴村乱数
え、と…どゆこと?
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
…簡単に説明するとだな。あれは火事じゃなくて一郎が料理で失敗したせいだったんだよ
あなた
料理…であんなことになったの!?
だって黒い煙がもくもくと…
山田一郎
山田一郎
… (しょぼん)
あなた
はうっ…!!
まってこの構図イイッッッッッ
山田一郎
山田一郎
その…弟達になんか作ってやりたくて。あんま、顔合わせらんねえから作り置きでも…と
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
とにかく何も無くて良かった。掃除はみんなで協力しましょう。その後、なにか簡単に作れるものを一緒に作ろうね
山田一郎
山田一郎
はい…
______________________
_______________
飴村乱数
飴村乱数
まあったく…一郎がこんなに料理下手だとは思わなかったよ。もうキッチン真っ黒じゃん!
乱数さんの言う通りキッチンは煤でまっくろ。一体何をどう失敗したらこうなるんでしょう…?
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
使ってない雑巾が何枚かありましたから、その間にこのフライパンに残った物を片付けていてください
山田一郎
山田一郎
うす
フライパン…か、それ()
あなた
ね、ねえ一郎くん…何作ろうとしたの?
山田一郎
山田一郎
末っ子の好物にしようと…ぺすか…ぺす…?
あなた
…まさかペスカトーレ?
山田一郎
山田一郎
それ。なんか途中で白ワイン入れろって書いてあったんだけど、なかったから適当に引っ張って入れてみたら燃えた。それ消そうとして水かけたらジュワアッてなってダバアと…
ダメだこりゃ( 。∀ ゚)
あなた
お酒入れたら燃えるって…まあアルコールだし…ちなみに何入れたの?
山田一郎
山田一郎
スピリタス
…は
あなた
すぴりた……すってあのど度数バカ高いお酒でしょ?どうしてこんなものがここに…
あいや、そんなこと聞かなくても分かりますね。どうせお兄ちゃんと乱数さんがくだらない遊びでもしたんでしょう (大当たり)
とにかく、フライパンの中のエビらしきものや貝らしきものを取り除き、何とかもう一度使えるように綺麗にしてみました。寂雷さんが高い所を拭いてくれたおかげで掃除もスムーズに終わり、あの惨状が嘘のようです!
あなた
はあー、綺麗!
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
お疲れ様
飴村乱数
飴村乱数
うぅーん、雑巾がけで腰が痛い…
まあでも問題はここからですよ。一郎くんに正しいお料理を教えなければどんなダークマターが生成されるか分かりませんからね。
あなた
ペスカトーレはお兄ちゃんが教えてあげたら?お兄ちゃんのお料理美味しいし、ペスカトーレなら前に作ってくれたことあったでしょ?
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
まああるが…あんなもん作ろうとしてたのかお前
山田一郎
山田一郎
…末っ子が好きなんで
あなた
っていうか、最早スピリタスを用意しておいたお兄ちゃんのせいでは?
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
俺関係ねえだろ!
_____________________
_______________
はい!ということで!始まりましたTDDの3分クッキング!!
料理を今まで1回もしたことがないという一郎くん、その腕前はさっき見た通り壊滅的です!
そんな一郎くんに今回ペスカトーレを教えてくれるのは我らが兄貴、碧棺左馬刻akaMr.Hc!
司会進行及び鑑賞は私碧棺あなたがさせていただきまぁーす!!
今回用意する食材はこちらっ!
ニンニク
鷹の爪
オリーブオイル
頭のついたエビ
ちっちゃいホタテ
冷凍のイカリング
アサリ
トマト
塩コショウ
パスタ
そして今回問題となった白ワインです!
お兄ちゃんが自腹で買ってきました

ローリエはなかったので省略!!
あなた
では先生、まずは何から始めましょう!
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
ニンニクを微塵切りにしてオリーブオイルと鷹の爪を合わせてじっくり炒める。その後にエビとか貝とか入れて焼き目が着くまでほっておく。そんで酒入れて蓋しておけばとりあえず何とかなるだろ
あなた
最後だけ妙に投げやりですね…
山田一郎
山田一郎
えと…ニンニクを微塵切り…
あれ、そういえば一郎くん刃物は握ったことあるの…?
山田一郎
山田一郎
とりあえず切ればいいのか…?
ザクッ
あなた
ひえっ!?
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
ばっ!?
あっ…ぶなぁぁぁあ!!ゆび、指切っちゃったかと…!!
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
おま、ちょ、待て待て待て!1回それおけ。な、
山田一郎
山田一郎
へ?
あなた
よくさっき怪我しなかったな…
おそロシア…
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
大丈夫ですかね…
飴村乱数
飴村乱数
き、きっと大丈夫だよ…うん…
休んでていいと言われたけれど心配過ぎて休めない2人
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
とりあえず猫の手な、こっち、こっちは人差し指で刃抑えろ。絶対ぇ刃の下に指置くなよ
山田一郎
山田一郎
猫の手…
あ゛ぁ〜真剣に猫の手教える我が兄とそれを見様見真似でやってる一郎くんきゃわあああ
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
ほら、これでやってみろ
山田一郎
山田一郎
猫の手…猫の手…
サクッ サクッ
いい感じです!
あなた
オリーブオイルと鷹の爪ですどーぞ
いい調子で鷹の爪も刻んでいく一郎くん。お兄ちゃんの指導の元完成したペスカトーレを綺麗にお皿に盛り付けて、試食係(寂雷さんと乱数さん)の前へ
山田一郎
山田一郎
どうっすかね...
飴村乱数
飴村乱数
え!超オシャレじゃん!まさかあの惨劇を作った人とは思えないよ!
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
とても美味しそうですね。よかった、今度は海老が海老の形をしているようだ
あなた
(あはは...)
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
俺様が教えてやったんだからな。不味いわけねえだろ
では、いただきますと手を合わせぱくっと1口。さてお味は...
飴村乱数
飴村乱数
...
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
...
あなた
(あ、あれ...?)
山田一郎
山田一郎
...美味しく、ないすか?
飴村乱数
飴村乱数
...〜〜っっ美味しい!!!!
神宮寺寂雷
神宮寺寂雷
凄い上達ぶりだよ一郎くん!とても美味しいです
山田一郎
山田一郎
よかった〜〜〜っっ!!
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
これでやっと弟らに食わせられるな
山田一郎
山田一郎
はいホント...左馬刻さん、マジありがとうございました
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
こんくらいどうってことねえよ。兄弟大事にしろや
はい出ましたお兄ちゃんの家族至上主義〜!流石〜!お兄ちゃんがめっっっちゃ優しい目してる〜!
あなた
流石我が兄様...(悶)
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
だろ?
あっドヤ顔はイタいよ?
飴村乱数
飴村乱数
ねーねー!おかわりないの〜?
山田一郎
山田一郎
いっぱいあるぜ!
あなた
あっ私もちょっとだけ食べたいです!
碧棺左馬刻
碧棺左馬刻
俺と半分こすっか?
あなた
うん!