無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

4
私
……
にっしー
にっしー
おーい、どした?
私
にっしーって、相談いける?
にっしー
にっしー
ん?どゆこと?
私
えっと、私の友達がさ、ある男子のこと好きって言ってきたの
にっしー
にっしー
ほう
私
でさ、それ聞いた時に…なんていうか、心にチクッときたの
にっしー
にっしー
…うん
私
どゆこと?
にっしー
にっしー
え…ん~、それってさ、…言っていい?
私
いや、私に聞かないでよ
にっしー
にっしー
え~、じゃあ言うよ?
私
うん
にっしー
にっしー
それはさ…その人のことが好きってことじゃないの?
私
……え
にっしー
にっしー
厳しい状況だけどね
私
なんてこったぁぁ
え、これって言わない方がいいの?言っちゃダメだよね?あれ、待って、どゆこと…
にっしー
にっしー
落ち着いて!
にっしーの声で、私は我に返った。
てか、なんで私にっしーに相談したの?
当の本人に!
秀太
秀太
お前ら何してんの?
にっしーの声が聞こえてきたのか、秀太が来た。
私
ねねねしゅーた、私どうすればいいの?やっぱり謝った方がいいよね?あれ?違う?黙ってた方がいい?
秀太
秀太
あー…悪い西島、ちょっとこいつ借りてく
にっしー
にっしー
はーい
私
しゅーた、私はどうすればいいの?謝るべき?それとも黙っておくべき?ねぇ
秀太
秀太
一旦黙れ
私
…………はい
秀太怖えぇぇぇぇ…


秀太
秀太
…お前さ、なんで本人に相談したわけよ
私
……分かりません
秀太
秀太
はぁ…
私
…って、なんで知ってるの⁉
秀太
秀太
お前の友達ってどう考えても宇野だし、そうなると相手は西島だろ
私
…バレバレですか
秀太
秀太
そうだよ
…西島はやめといた方がいい
私
え、なんで?
秀太
秀太
なんでって…宇野を含めて、ライバルが多すぎるだろ
私
ライバル⁉にっしーのいいところが分かってる、共感者の集まりじゃん!
秀太
秀太
…お前本当に恋愛に疎いな
私
は⁉喧嘩売ってる⁉
秀太
秀太
売ってねーよ
…とにかく、告白はやめとけよ
絶対目つけられるから
私
……
怒ってても、やっぱり私の心配…
私
…やっぱりしゅーたって、優しいよね
秀太
秀太
…意味わかんねーこと言うな
そう言って、私の肩をポンポンと叩いた。
ぶっきらぼうだけど、いい奴だな。