無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
実彩子
実彩子
ねぇあなた
私
なんぞい?
実彩子
実彩子
「なんぞい」(笑)
あんた気を付けなよ
私
なぜです?
実彩子
実彩子
にっしーも末吉くんもモテるんだからね⁉
私
え⁉しゅーたモテるの⁉
実彩子
実彩子
…それはひどい
私
顔ちゃんと見たことなかったから
実彩子
実彩子
それもひどい
…てか、顔だけじゃないと思うけど
…確かに、いつもはあんまり思わないけど(←)秀太はめっちゃ優しい。
私
それは分かる気がする
実彩子
実彩子
…だからさ、あの二人といると、目をつけられるんよ
私
それ前も言ってた気がする
実彩子
実彩子
うん言った
だから、気を付けなよ?
私
はいはい
実彩子
実彩子
…まあ、あなたは可愛いから、男子にも目をつけられてるかもだけど
私
私可愛くないっしょ?
実彩子
実彩子
可愛いよ
私
それは信じられんな
実彩子
実彩子
もー本当に自分のことに鈍感すぎるわ
私
そーゆー実彩子もモテてるからね?
実彩子
実彩子
んな冗談やめてちょーだい
私
あんた人のこと言えないじゃん
実彩子
実彩子
いいの~
私
ふーん?
実彩子
実彩子
…あ、にっしーまた告白されてる
私
ほー
…実彩子やたらとにっしーのこと見てない?
実彩子
実彩子
あ~あ
私
…あんたにっしーのことよく見てるよね
実彩子
実彩子
へっ⁉
実彩子が乙女のような声を出した。
私
なんかあるんじゃないの?
実彩子
実彩子
いや~実は…にっしーのこと好きになっちゃって
私
好きって…え⁉
実彩子
実彩子
なんでそんなに驚くの
私
え、だって、全然知らなかったし…
それに…なんだろう。
不思議な感情…
なぜか分からないけど、…心がチクッとした。