無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

117
2021/06/23

第9話

9:九条
私は朝まで駅前広場で過ごした

幸い、24時間営業の漫画喫茶という所に入れたのだ




私は街を歩くことにした




何故だろうか、一織様に言われてから
もう。なにもかもどうでもよくなった
シオン
...♪〜
私は、幼少期...8歳頃だろうか
ナギ様専属になった時に
ナギ様専用に作った子守唄を口ずさむ
シオン
 have nothing to do with someone's upbringing 育ちなんて関係ない
シオン
The truth doesn't change.事実は変わらないから
シオン
when the time comesその時が来たらまた
シオン
Let's laugh next to each other again.もう一度隣で笑おう
九条天
ねぇ、君
私は後ろから声をかけられ振り返る

そこには少し背の低い男性が立っていた
シオン
なんですか?
九条天
へぇ...僕をみても
驚かないんだ
シオン
...どこかでお会いしましたか?
九条天
いえ...
その身なり、容姿からして
外国の方ですか?
シオン
はい。
シオンと申します
九条天
九条天です。
TRIGGERというアイドルをやっています
シオン
アイドル...
九条天
それにしても
八乙女楽
おい天!
九条天
...はァ
どうしたの?楽
八乙女楽
お前こそ
何女捕まえてんだよ
九条天
彼女の、腰に剣があったからね
シオン
九条様。ご友人ですか?
九条天
く、九条様?!
八乙女楽
えっと...
シオン
私はシオンと申します
なんとお呼びすれば宜しいですか?
八乙女楽
あ...
楽って呼んでくれ
シオン
かしこまりました、楽様
十龍之介
も〜置いていくなよ
後からまたも男性がくる
九条天
シオンさん。
彼は十龍之介
3人でTRIGGERなんだ
シオン
そうなのですね
十龍之介
あ。こ、こんにちは...
シオン
こんにちは、十様
十龍之介
あ、あの、龍之介で、
いいです
八乙女楽
悪い、こいつ意外とシャイでよ
シオン
いえ。大丈夫です。
お二人が名前でしたら
九条様も、九条様ではなく天様の
方がよろしいでしょうか
九条天
うん。それでいいよ
シオン
かしこまりました
十龍之介
それより、その口調は?
タメでもいいのに...
八乙女楽
確かにな
シオン
いえ。使用人ごときが
皆様にタメ口など...
失礼ながらこのままで行かせて頂きます
十龍之介
使用人なんだ...
九条天
へぇ、それはシオンさんの国の
って事かな?
シオン
左様でございます
失礼ながら天様
私は皆様より年下と見受けます
呼び捨てで構いません
八乙女楽
年下?!同じくらいかと...
九条天
えっと...成人は?
流石にして...
シオン
おりません。
まだ未成年です。
十龍之介
嘘!!!!
八乙女楽
見えねぇ...
というか、使用人なんだろ?
主人は?
シオン
主人...ですか
いえ、少し喧嘩をしてしまいまして
主人のご友人に
二度と姿を見せないと約束しました
九条天
そうだったんだ...
シオン
はい。実質主人は
おりません
十龍之介
でも、そう言ったって
日本住みでしょ?
お仕事大丈夫?
シオン
私は日本住みではございません
国から主人を、連れて帰るために
やって来ました
八乙女楽
ふぅん...
なら今は主人はいないのか
シオン
はい
八乙女楽
泊まるとこは?
シオン
ありません
八乙女楽
なら
シオン
十龍之介
九条天















八乙女楽
なら、俺の使用人になれ