無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

112
2021/06/24

第13話

13:専属
八乙女楽
会計終わったぞ
少しトイレ言ってくるから
ここで待っててくれるか?
シオン
か、かしこまりました
八乙女楽
?そうか
楽様は私をベンチ付近に連れていき
お手洗いに向かった
シオン
...ワンピース...
フフッ
口角が上がるのがわかる
六弥ナギ
シオン!!!!
シオン
!ナギ様...
六弥ナギ
心配してたんデス!
帰りまショウ?
シオン
...申し訳ございません
私は二度と姿を見せないと
約束いたしましたので
和泉一織
シ、シオンさん
その件は...
シオン
気分を害してしまい
申し訳ございません
七瀬陸
そんなこと!
またお話ししましょうよ!
逢坂壮五
そうです!それに...
先程TRIGGERの八乙女楽と
一緒に居ましたよね
シオン
はい
和泉三月
どうしてだよ
お前はナギの...
シオン
...そうですね
そもそも出来損ないには
ナギ様のお世話など出来ませんから
七瀬陸
出来損ない...
シオン
はい。
和泉一織
シオンさん
シオン
なんですか、一織様
和泉一織
...全て私の責任だと思います
...申し訳ありませんでした
シオン
...一織様、私のような者に
頭を下げないで下さい
もう大丈夫です
六弥ナギ
ならワタシの元に
シオン
それは────
八乙女楽
おい
楽様が割り込む

皆様驚いていた
和泉一織
!八乙女さん...
八乙女楽
あぁ...元主人か
六弥ナギ
え..."元"?
八乙女楽
そう。今シオンは俺の専属だ
和泉三月
本当なのかよ
シオン
...はい。
八乙女楽
という訳で、コイツは俺のだ
契約期間切れるまで
手ェ出すなよ
楽様は私の手を引いて駐車場に向かった


皆様は何も言わず立っていて

刺さる視線が痛かった














八乙女楽
...悪かったな
楽様が帰りの車でポツリと呟く
シオン
何がですか?
八乙女楽
その...勝手に決めちまって
...戻りたかったら
シオン
そんな事ありません
八乙女楽
...理由は、聞いていいか?
シオン
簡単です
楽様が初めてだったのです
私に自由を下さったのは
八乙女楽
そうだったのか?!
シオン
はい。休日も無ければ
特定の場所以外行けない...
そんな、生活でした
八乙女楽
辛かったんだな...
シオン
はい、とても
八乙女楽
俺の専属の時は
自由にしていいぞ
シオン
ありがとうございます
八乙女楽
...あ。でも一言ひとこと言ってくれよ?
どこ行ったか分からないのは困る
シオン
勿論でございます
八乙女楽
...お前、ホントに笑ってろよ
その方が綺麗なんだから
シオン
はい


綺麗...か

私が言われたかった言葉


お世話でも。とても嬉しい




明日、国から派遣がくる

ナギ様もとうとう帰るのか...



私はナギ様が帰ったら自由という約束

ならば、このまま

楽様の使用人でもいいかもしれないな...