無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

いつもありがとう①
いつも俺の事を応援してくれてありがとう。
最初始めた時はこんなに俺の事を応援してくれるなんて思ってなかったから、びっくりした!
「こんなに俺と仲良くしてくれる。」「こんなにも暖かいコメントをしてくれる。」
俺にとって皆は宝物です。

ここからは自分語りになります。苦手な方はブラウザバックお願いします。
最後まで読んでくれる人はこのまま下へスクロール。







「疲れた糸葉の話」を見てくれている人はわかると思うんだけど、俺は心の状態があんまり良くなくていつもすぐ何か言われたら「あー、自分って必要ないんだな」って思う程心が弱くて。
そんな自分がとても嫌いで。自分の事を「私」と呼ぶことも。

まだボクっ娘の方がいいのかな。可愛いのかな。って思うけど、やっぱり俺は「俺」なんだなって
あんまり仲良くないけど、たまに話す男の子の友達に「なんでこんなに男っぽいのになんで男じゃないの?」なんて言われて「こっちが聞きたいよ」って思って。悔しかった。なんでこんなにも違いがある体に生まれてきてしまったんだろう。って