第49話

街の危機
219
2022/11/15 16:00
コツコツ
キョウヤ
キョウヤ
へっへへへ
ゴブ太
ゴブ太
くっ
ダッ
キンッ
ドゴッ
ゴブ太
ゴブ太
あァァァ!
キョウヤ
キョウヤ
フッ
キョウヤ
キョウヤ
ハハハハハハハ!
ゴブ太
ゴブ太
うっ
キョウヤ
キョウヤ
まだ死なないのか
ゴブ太
ゴブ太
ゴキブリ並の生命力だな
キョウヤ
キョウヤ
さっさと死ねや!
シャキンッ
ゴブ太
ゴブ太
し、師匠
白老
白老
負傷の弟子に変わってわしが相手をしてやろう
キョウヤ
キョウヤ
なんだよジジイ
キョウヤ
キョウヤ
邪魔すんな!
白老
白老
ジジイ呼ばわりとはせんだつに敬意が足りんぞ小僧
キョウヤ
キョウヤ
へ〜
キョウヤ
キョウヤ
ただ歳とっただけのジジイに敬意なんでもんはねぇよ!
キンッ
キョウヤ
キョウヤ
はー!
ゴブ太
ゴブ太
ぁぁ
朱菜
朱菜
大丈夫でか!
ゴブ太
ゴブ太
だ、大丈夫ッス
ゴブ太
ゴブ太
それより、師匠の動きがいつもより遅いッス
朱菜
朱菜
普段の力が出せていません
朱菜
朱菜
この結界は魔物の力を弱めてしまう
ゴブ太
ゴブ太
師匠
シャキンッ
白老
白老
くっこれしき!
キョウヤ
キョウヤ
はっ天眼を使うまでもないな
キョウヤ
キョウヤ
ジジイにはあの世がお似合いだ
白老
白老
クッ
ジャキンッ
朱菜
朱菜
ゴブ太
ゴブ太
師匠!
ゴブ太
ゴブ太
ししょう...
バタッ
キョウヤ
キョウヤ
ショウゴには後で謝っておくさお前の玩具を壊してごめんって
朱菜
朱菜
キョウヤ
キョウヤ
へっ
バッ
キョウヤ
キョウヤ
あ?
キョウヤ
キョウヤ
ハッハッハっ
キョウヤ
キョウヤ
はっ!
ショウゴ
ショウゴ
ぬァ!
ゴンッ
シオン
シオン
ふっ!
ショウゴ
ショウゴ
はっ
ショウゴ
ショウゴ
弱ってるくせに結構楽しませてくれるじゃねぇか
シオン
シオン
小癪!
シオン
シオン
はっ!
ショウゴ
ショウゴ
ははっ!
ドンッ
シオン
シオン
カハッ
ドンドンドンドン
ショウゴ
ショウゴ
は!
ゴブリン達
ゴブリン達
ぇーん
ガビルの部下
ガビルの部下
心配要らぬ
ガビルの部下
ガビルの部下
何があっても某が皆を守る
ガビルの部下
ガビルの部下
ほら泣くな
ガビルの部下
ガビルの部下
これで何も見えないぜ
ガビルの部下
ガビルの部下
もう怖くないだろ
ガビルの部下
ガビルの部下
シオン様に任せれば大丈夫だよ
ガビルの部下
ガビルの部下
シオン様は強いんだから
シオン
シオン
はぁはぁはぁ
ショウゴ
ショウゴ
トドメだ!
シオン
シオン
ふっ!
ショウゴ
ショウゴ
くっ!
ドドドドドド
ショウゴ
ショウゴ
時間だ
ショウゴ
ショウゴ
おーい
ショウゴ
ショウゴ
魔物に襲われている!助けてくてー!
シオン
シオン
ショウゴ
ショウゴ
ははっ
シオン
シオン
..!
ゴブリン達
ゴブリン達
ぁぁうひっ
シオン
シオン
逃げろ!
うおー!
シャッ
リムル
リムル
テンペストを潰そうとするのは何故だ
リムル
リムル
誰がなんのために
ヒナタ
ヒナタ
ふっそろそろいいかな
リムル
リムル
良くは無いがせめて名前くらい教えてほしいんだけど
ヒナタ
ヒナタ
魔物なのに名前に興味があるの
ヒナタ
ヒナタ
私にとってはどうでもいいから忘れてたわ
ヒナタ
ヒナタ
では改めてまして私は神聖法皇国ルベリオスにおける神の右手法皇直属近衛師団筆頭騎士にして聖騎士団長ヒナタ・サカグチ
ヒナタ
ヒナタ
短い付き合いにはなると思うけどよろしく
リムル
リムル
ヒナタだと!
リムル
リムル
そうかお前が
リムル
リムル
聖騎士団長とは聞いていたが法皇直属近衛師団筆頭騎士?
ヒナタ
ヒナタ
物知りなのね
ヒナタ
ヒナタ
魔物に名が売れても嬉しくないけど
ヒナタ
ヒナタ
私が2つ役職を持つのは事実よ
ヒナタ
ヒナタ
意味は無いけどね
ヒナタ
ヒナタ
私が仕えるべきは法皇ではなく神ル二アスなのだから
リムル
リムル
なぁちょっと待て
リムル
リムル
お前には話したいことがあったんだよ
リムル
リムル
お前もなんか言えよ!
せい
せい
いや、リムルが全部言ってくれるしいいかなって
リムル
リムル
良くねぇ!
ヒナタ
ヒナタ
魔物の言葉に興味は無い
ザザー
リムル
リムル
待てってば
ヒナタ
ヒナタ
今のをかわすのね
ヒナタ
ヒナタ
少し驚いた
せい
せい
頑張れ〜
リムル
リムル
おい!
ヒナタ
ヒナタ
このスライムを殺したあとは貴方よ
せい
せい
ひぃー怖い怖い
ヒナタ
ヒナタ
さすがシズさんを殺した魔物仇を済ませてもらうわ
リムル
リムル
だから待てって!
リムル
リムル
お前日本人だろ!
リムル
リムル
俺もなんだよ
せい
せい
私も
ヒナタ
ヒナタ
日本人?
リムル
リムル
そうだ
リムル
リムル
シズさんにお前の事を頼まれて
ヒナタ
ヒナタ
シズ先生に私のことを頼まれた
リムル
リムル
あぁ
リムル
リムル
シズさんはお前の事をすごく心配して
ヒナタ
ヒナタ
おかしなことを言うものね
ヒナタ
ヒナタ
笑わせないで
シュッ
リムル
リムル
だからホントに日本人なんだって
リムル
リムル
向こうで死んでこっちでスライム生まれ変わってしまっただけで
ヒナタ
ヒナタ
情報通り日本人だって言い張るのね
ヒナタ
ヒナタ
それ以上の演技は無意味よ
リムル
リムル
(情報?)
せい
せい
(情報?)
せい
せい
(密告者は私たちが日本人だって知ってるやつなのか)
リムル
リムル
どうしてもやり合うつもりか
リムル
リムル
俺の相手をお前ひとりで
ヒナタ
ヒナタ
あら笑える
ヒナタ
ヒナタ
勝てる気でいるの
ヒナタ
ヒナタ
この結界の中で
せい
せい
有賢者
せい
せい
結界が張ってあるけど瞬間移動は出来るの?
有賢者
有賢者
瞬間移動は死神のスキルですので使えます
せい
せい
そっか
せい
せい
ありがとう
せい
せい
あいつ負けるんじゃね
せい
せい
私は先に戻って街の様子を見に行くか
せい
せい
<リムル>
リムル
リムル
<なんだよ!>
リムル
リムル
<いま俺死にかけなんだぞ!>
せい
せい
<私は先に戻って街の様子を見てくる>
せい
せい
<街がやばい気がする>
リムル
リムル
<分かった>
リムル
リムル
<頼んだぞ>
せい
せい
<お前も気おつけろよ>
シュッ
ヒナタ
ヒナタ
もう1人は逃げたの
リムル
リムル
あいつが逃げるかよ
リムル
リムル
俺より強いんだからな

プリ小説オーディオドラマ