無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

本当のともだち
瑠々
瑠々
3人とも、おはよー!
空
おはよう、瑠々
ひかる
ひかる
おはよ!
沙也加
沙也加
おっはー
私、新川 空。どこにでもいそうな、ごく普通の高校2年生。だけど、1つだけ〝フツウじゃない〟ところがあるんだ。
それは…









嘘が聞こえる …こと。









嘘をついている人の胸の当たりが黒くモヤモヤして見える。そしてそこから、本音が聞こえてくるの。
フツウだったら有り得ない。
だから…








〝フツウじゃない〟んだ。

瑠々
瑠々
今日から2年生かー



彼女は、中野 瑠々。私とは小3からの付き合い。可愛くて、優しくて、男子からも人気の子。私の自慢の友達。







ひかる
ひかる
1時間目、なんだっけ?



この子は、木田 ひかる。少し強気な、リーダータイプの女の子。中1の時、瑠々とクラスが別れて1人だった私に沙也加と一緒に声をかけてくれたんだ。


あ、沙也加っていうのは…




沙也加
沙也加
今日始業式でしょ!!(笑)
そう、この子のこと。沙也加もひかると一緒に私に声をかけてくれた。元気でフレンドリーな性格の子。頑固な所もあるけど、凄くいい子なんだ。




1年生の時から、友達の私たち。
みんな凄くいい人たちで、私にはもったいないくらいの友達___.....









でも私はいい人なんかじゃない



嫌われるのが怖くて






1人になるのが怖くて





自分の意見も言わずみんなに合わせて…




とにかく、〝ともだち〟って思ってくれるように接してきた
































こんな私、大嫌い