無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

私と彼と友達と
青
俺…手術頑張るよ
空
…!
空
うん…!
青くんと、少し話をした


私も瑠々のこと、報告できた


でも肝心なことが言えていない




青くんが好きだって
ずっと一緒にいて下さいって

声に出して、伝えよう
空
あのね、青くん…
青
……
空
私…青くんの事が…
青
空
えっ?
好き、と言おうとした時青くんが言葉を被せてきた
青
シオンの花言葉…調べた?
空
うん…〝君を忘れない〟だったよ
青
……
青
ほんとはさ、シオンの花言葉もう一個あるんだ
空
え…?
青
シオンのもうひとつの花言葉は…
        


少し頬を赤らめ言う青くん






青
愛の形
空
…え!?
青
俺は…空が好きだ
青
5年前のあの時から
青
ずっと今も…空が好きなんだ
空
…っ
空
私も…っ!!!
空
青くんが…大好き…っ!
思いが溢れてくる


青くんと泉くん

私は同じ人に2回恋をしました



















青
俺明日の手術が成功すれば退院するんだ
空
え!そうなんだ…




青くんはカーテンをあけ、窓の外を見た
空
…?
青
もうこの景色とも…お別れだな
空
え…?
私も窓の外を覗き込む


そこには
空
シオン畑…!!
青
いつもここから見てた
青
外出許可が出ない時も…ここから空を見てたんだ
青
最近、全然行かなくてごめん
空
退院しても…来てくれるよね?
青
…来る。きっと、来る

窓を向き言う青くん


その後ろ姿は窓の光と重なりすごく綺麗だった___
空
…約束ね
青
うん、約束



私たちは約束をした





























はずだったのに


私は2度も彼に同じ嘘をつかれた___


瑠々side


もう2ヶ月も空と話していない


空も話しかけてこなくなった


それどころか空は、今何かを悩んでいるように見える


私達との喧嘩より、大きなことらしい


最初は沙也加とひかるにビクビクしてた空も、どこか上の空という感じで2人の横をとおりすぎていく


もうこれ以上は無理だ
勇気を出せ、私!
空はひとりで戦ってる


私が負けてどうするの___!?


私は沙也加とひかるを放課後屋上に呼び出した
沙也加
沙也加
…どうしたの?瑠々
ひかる
ひかる
こんなとこ呼び出して、何かあった?
瑠々
瑠々
…空を…グループに戻したくて
沙也加
沙也加
瑠々
瑠々
ごめんなさい…
私、空が何も言わないって言われてたから、言えなかったの。
私は空が…好きなの。大好きなの。
何も言えないのは、私。
嫌われるのが怖くて、合わせることしか出来ないのは、私。
2人とも、本当にごめんなさい…
沙也加
沙也加
…!!!!
ひかる
ひかる
……
ひかる
ひかる
それは、私もだよ
ひかる
ひかる
とにかく瑠々に嫌われるのが、怖かった。空も、何も言わないから私の事友達って思ってないんじゃないか…って考えちゃったの。私も空と…仲直りしたい
沙也加
沙也加
…っ
沙也加
沙也加
私もだもん…っ
傷つきたくなくて…
強い言葉で空をせめて自分を落ち着けてた…っ
沙也加
沙也加
私も空と…もう1回話したいよ…っ
沙也加
沙也加
笑い合いたい…っ
沙也加も、泣きながらそう言ってくれた



みんな、同じ気持ちだったんだ


みんなら、1人になりたくなくて、嫌われたくなくて、自分を守ってた



それを変えたのは…ちょっとの勇気
沙也加
沙也加
でも、今更謝るなんて…
瑠々
瑠々
あ、私に…案があるの






昨日どうやったら仲直りできるか、夜一生懸命考えたこと



…私達の絆を取り戻そう


























仲直り大作戦。


今度は私が頑張る番