無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

強くなりたい
木村和翔
木村和翔
はよ
空
おはよ、かずくん
私たちは現地で集合し、瑠々の誕プレを買いに来た
空
いよいよだ…!
木村和翔
木村和翔
いや、まだだし(笑)
空
1週間とかすぐだし
木村和翔
木村和翔
まあ、、、
空
木村和翔
木村和翔
うっせ、置いてくぞ
待ってー!と私はかずくんについて行く




…こんな会話したの、いつぶりだろ?


なんか昔に戻ったみたいで楽しいな
空
よっしゃ、瑠々のハートを掴んじゃいましょー!
木村和翔
木村和翔
言い方だろ(笑)
空
気にしない気にしない


デパートの中に入る
空
ひっろー!
木村和翔
木村和翔
広いな
木村和翔
木村和翔
まずどこ行く?
空
お腹空いた
木村和翔
木村和翔
…は?
空
お腹空いた
木村和翔
木村和翔
おい(笑)
空
だってもう昼じゃん!
木村和翔
木村和翔
まー…

時計を見ると11時50分
木村和翔
木村和翔
昼飯食ってから探すかー
空
わーい!さすがかずくん(笑)
木村和翔
木村和翔
置いてくぞ
空
まってよ!
私たちはフードコートで昼ごはんを食べた
空
見て見て!
薄ピンク色で、桜のデザインのリップ
空
瑠々はお花の中で桜が1番好きなんだよ
木村和翔
木村和翔
…そーなんだ
しかもこの色、すごい可愛い…
空
いや、いいよ…私にはきっと似合わないし!
空
…良かった!
木村和翔
木村和翔
空
え…!?
そう言って私の頭をくしゃっとしてくる






ああやっぱり…















家族っていいね!
私の唇が薄ピンク色になっていた







私たちは食べ終わって、リップがありそうな店に来た




そこで私が1番に目に付いたのは…
木村和翔
木村和翔
似合うじゃん(笑)さすが俺のいとこ!
木村和翔
木村和翔
思って……る(笑)
木村和翔
木村和翔
嘘は良くないだろ?
木村和翔
木村和翔
塗ってみれば?


ふふっ、本当あの頃みたい
男と女とか普通とか普通じゃないとか気にしなかった頃


噂なんか気にならなかった、あの頃
と言って断る





だってこういうのって、可愛い人達がつけるやつだし…


でもいつの間にか2人とも大人になって
空
じゃあ…これにする?


かずくんなんか〝恋〟までしちゃって
木村和翔
木村和翔
…うん


もうあんな風に笑える日は来ないのかな







みんなで優しく笑え合える日が___
空
は…?!自分イケメンとでも思ってんでしょ?
空
…さみしいなぁ……
木村和翔
木村和翔
ん?
空
肯定しちゃうんかい!
みんなが
私を置いていっちゃう気がして___
空
おいっ(笑)
空
なっなんでもない…!
私も早く大人になりたいな

嘘とか本当とか
気にしないことの出来る強い大人わたしに___
空
でも私の親友、泣かしたら許さないからね!
これだけは聞きたい





かずくんの口から
空
瑠々に…本気なんだよね?
空
遊びとかじゃ…ないよね?
かずくんの胸に濁りは…ない
木村和翔
木村和翔
あたりめーだろ
木村和翔
木村和翔
俺の初恋、なめんなよ
木村和翔
木村和翔
…泣かせねーよ
空
ねぇかずくん…?











そんなことを考えながら、また2人歩き出す
私が先にこっちに来たのは




あることを確かめるため




私は前に座るかずくんをまっすぐ見つめた
この後起きることを考える余裕なんて







なかった






瑠々side
瑠々
瑠々
おはよ!
沙也加
沙也加
おはよー!
ひかる
ひかる
そろったし、行こっか!


私たちは最寄りの駅で待ち合わせ、隣町の大きなデパートに向かった


着いたのは昼頃
私たちはデパート内にあるカフェで昼ごはんを食べた
瑠々
瑠々
美味しかったね~!
沙也加
沙也加
ほんと!
ひかる
ひかる
瑠々
瑠々
ひかる?
ひかる
ひかる
…空、どうしたんだろうなって
沙也加
沙也加
瑠々
瑠々
瑠々
瑠々
だっ大丈夫だよ…!空は…親友だし…
ひかる
ひかる
親友だから…
沙也加
沙也加
ねえ2人とも
ひかるの言葉を遮るように言う沙也加
沙也加
沙也加
来週の瑠々の誕生日までに、空が本村くんと怪しいことがあれば
沙也加
沙也加
…空を外そう
瑠々
瑠々
え…!?
空を…外す…?


それはつまり…
瑠々
瑠々
空を仲間外れにするってこと…?
沙也加
沙也加
…うん
ひかる
ひかる
ちょっと沙也加…
沙也加
沙也加
だってだってさ?!
沙也加
沙也加
本当の気持ちいっつも隠して笑って
沙也加
沙也加
譲ったりヘラヘラしたりして…
沙也加
沙也加
寂しいんだよ…?
沙也加
沙也加
それなのになんでこんな時だけ、瑠々の好きな人を取ろうとするの?!
沙也加
沙也加
瑠々のことは空が1番わかってるはずなのに…
ひかる
ひかる
ひかる
ひかる
分かった
瑠々
瑠々
!!
ひかるも…?
空を外そうって思うの…?
ひかる
ひかる
ただし
ひかる
ひかる
空がこれ以上のことをしたら、だからね
瑠々
瑠々
沙也加
沙也加
…うん
瑠々
瑠々
これ以上って…?
ひかる
ひかる
例えば、キスやハグしてるところを見たり、手を繋いで帰ってるところを見たり、空が私たちに直接言ってきたり、噂がたったり…
ひかる
ひかる
あと、2人で出かけてたりとか
瑠々
瑠々
…それくらいなら
きっと空はそんなことしない
だって空、ずっと大好きな人がいるって言ってたもん
だから私は…空を信じる
ひかる
ひかる
じゃあ…どっか次行きたいとこある?
瑠々
瑠々
リップ…見たい
沙也加
沙也加
おけ!じゃあ行こ!
信じたい…


そら…




リップがありそうな店に来た
そこには…
沙也加
沙也加
ねぇ、あれって…!!!!
瑠々
瑠々
!!!!!
ひかる
ひかる
!!!!!
















信じ…たかった