無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

77
2021/07/28

第10話

10
家のポストに一通の手紙が

入っていた。
鈴木  心
鈴木 心
なんだろ?誰から?


名前は書いていなかった。

私はその手紙を開いた_______
鈴木  心
鈴木 心
え……なにっ……

これ
そこに書いてあったのは



「許さない許さない許さない許さない
殺す殺す殺す殺す殺す殺すなんでお前が
そこにいるの?そこは私の場所なの
取らないで……取らないで……
お前なんか死んじゃえっ!
あいつと同じようにお前も殺してやる」





と、書かれてあった。
正直誰かの嫌がらせかと思った


でも最近怖いことばかり起こるから


私は本当に殺されんじゃないかと


怖くなった。

鈴木  心
鈴木 心

……なんでッッ
なんで最近こんな事ばかり…
鈴木  心
鈴木 心
円ちゃんが転校してきてから…
嫌なことばっかりッッ……!!
鈴木  心
鈴木 心
…?
私は思った。


もしかすると円ちゃんが……?


鈴木  心
鈴木 心
いや、そんな訳無いよね…
鈴木  心
鈴木 心
だって こんな事する理由が……