プリ小説

第6話

5両目
少ししてからボート部に入った。

部活はしたくなかったけど担任が

やれというので何となくで入った。

毎朝見るあの先輩も自分と

どうこうなる訳じゃないので

だんだん忘れていった

彼氏だっているし。

「あなたちゃん~ボート部の岡本先輩かっこいいよね!!」

そんなことを友達に言われた

「圭人さん?……そーなんかなぁ?笑」

こーやって普通に女の子との会話を

楽しめれば高校だって楽しく過ごせるはず!

なんて……。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りの△@更新不定期、掛け持ちあり
りの△@更新不定期、掛け持ちあり
B1A4愛してます R多めです 基本たくさんのお気に入りや読者の方がいる 物語は皆さんの意見で落ちを決めます。 お気に入り、読者さんが少ない物語は 更新停止、削除などする可能性があるのでご了承ください
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る