無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

895
2018/07/16

第4話

中学4
入学式が終わると、クラスの係決めのため教室に戻る。


これが終われば、今日は学校が終わる!
じんたんと帰ったらゲームでもしよう!!


かなちゃん
ねぇ、テオくん。係は何にするの?
テオくん
んぁ?!……あーなんでもいいかなぁ。
帰ってからのことを考えていたため、係決めのことは頭になかった。

あ!じんたん、どの係りなんだろ……
一緒の係りなら委員会で会えたのに!
くそ〜!!
かなちゃん
……くん、テーオくん!
テオくん
え?何?!
かなちゃん
もー、さっきからよんでるのに!ボーっとしすぎ!
あのさ、係、決めてないなら一緒のやらない?
ほら、2人づつのとかあるでしょ?
かなちゃんが少しもじもじしながら、そう言ってくる。

女の子は可愛いなぁ。

テオくん
いいよ。一緒のやろう。
俺はかなちゃんと同じ係を選択し、他の係りも順調に決まり、予定より早く帰れることになった。


じんたんのクラスはまだかなー?


じんたんのクラスが終わるのを教室で待っていると、朝にグループの輪にいた1人が話しかけてくる。


確か、かなちゃんと同じ小学校の……
友達2
あれ?テオくんまだ帰んないの?
テオくん
うん。隣のクラスの友だち待ってる。
友達2
ふーん。
てかさ、かなちゃんとテオくんって良い感じじゃない??美男美女ってやつ?めちゃくちゃ似合ってるよ!
テオくん
あーそう?でもかなちゃんは可愛いから俺にはもったいないなぁ!!

適当に相槌をうつ。
小学校のときにもあった周りがくっつけようとするこの雰囲気。

そりゃカナちゃんは可愛いし良い子なんだろうけど、今日初めて会ったのに 好きという気持ちになる訳がない。


そもそも俺は今まで恋をしたことがない。

好きになるって、どんな感じなんだろ………












続く