無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

852
2018/07/16

第12話

中学12

ーーー卒業式後ーーー


かなちゃん
テオくん!卒業おめでと!!
テオくん
かなちゃんもおめでとー!
一緒に記念写真を撮る。
テオくん
かなちゃんのおかげで、楽しい中学校生活が送れたよ!!
かなちゃん
それはこっちのセリフだよー!
でも悔しいなぁ!三年間もあったのに結局テオくんに好きになってもらえなかったなんて……

そう、俺とかなちゃんはあの後、別れてしまったのだ。

俺がどうしてもじんたんを忘れられなかったから。
かなちゃん
でも、私は後悔ないよ?
だって私ができるだけのことはしたんだもん!
もう、私は邪魔しないからさ!
テオくんも後悔しないようにしなよ!
バシバシと背中を叩かれ、苦笑いをする。
かなちゃん
ね、第二ボタンは、私に頂戴?
最後のお願い。
そう言って首をかしげるかなちゃん。

第二ボタン……

じんたんにあげたかったけど、貰ってくれるわけないし……

テオくん
いいよ。はい、大切にしてよー!
かなちゃん
ありがとう!
じゃぁ東京の高校でも頑張ってね!
最後かなちゃんが、涙目になっていたのを俺は見逃さなかった。

それでも俺は抱きしめることも、慰めることもできない。

俺の心にはまだじんたんがいるーーー
テオくん
さて、帰って、東京に行く準備でもするかぁ

この地を離れたからと言ってじんたんを忘れられないかもしれない。

ただ、それでも、じんたんとの思い出の詰まった街にいるのが辛かった。

家につき、いつものようにじんたんの部屋を見上げる。


テオくん
じんたん、卒業おめでとう。
大好きだよ。
明かりのついていない部屋に向かって小さく呟いた。


















中学編終わり(テオside)
ーーーーーーーーーーーーーー
あれ?バッドエンド?って思った方!
違います!高校編に続きます!笑
その前に、中学編(じんside)をかきます!
若干、みやじんになるかも!?ならないかも!?