第5話

#5 いのちと気持ち
25
2021/08/18 10:50
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
綾、私ね‥
綾女(あやめ)
綾女(あやめ)
うん、どした?
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
死にたいよ、。
綾女(あやめ)
綾女(あやめ)
妃沙。。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
目の前で家族が殺されたのに、不思議と悲しい感情が無かったの。でも、お通夜で焼かれるとこ見てたら、急に苦しくなって今までの後悔とか、悔しさとかが湧き出てきて。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
今さらって感じだよね。もう事件から6日経ってるのに。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
だから、もう逝くね。。
綾女(あやめ)
綾女(あやめ)
妃沙!!
ベットから降りようとする妃沙の手を綾女はギュッと握る
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
やめて!離して!!!!逝きたいの!!!
看護師
看護師
どうしましたか!?
妃沙の声に看護師が駆け、鎮静剤で妃沙は眠りに入った。
~~~その日の夜~~~
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
んん、、、夜か。。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
私、看護師さんに眠らされちゃったんだっけ。。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
もう、逝こう。。
そう言うと妃沙は病室を出て屋上に行った。
屋上の柵をつかみ、深呼吸する。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
ふぅー、、お母さん、お姉ちゃん、今行くからね。
春斗(はると)
春斗(はると)
なにやってる。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
ハッ、ハル兄。。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
お散歩だよ。
春斗(はると)
春斗(はると)
ギュッ、、
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
ハル兄、、!?
春斗(はると)
春斗(はると)
妃沙、、もう怖くない、?
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
うぅ、、(号泣)
春斗(はると)
春斗(はると)
よしよし( i_i)\(^_^)
病室戻ろう。
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
でも、私、、
春斗(はると)
春斗(はると)
まだお散歩続けるつもりか?
妃沙(きさ)
妃沙(きさ)
‥‥、、涙
妃沙はその場で泣き崩れる。
雪斗(ゆきと)
雪斗(ゆきと)
妃沙!!!
屋上の扉がバンッと勢いよく開く。
雪斗(ゆきと)
雪斗(ゆきと)
ハル兄!
春斗の前で泣き崩れる妃沙を見て、雪斗の形相が変わる。
雪斗(ゆきと)
雪斗(ゆきと)
ハル兄、妃沙に何をした