無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

(`-´)×奴隷 🔞
( ` - ´ )
( ` - ´ )
あなたちゃん、っ、…








.
あなた

ご主人様やろ、っ

( ` - ´ )
( ` - ´ )
ご主人様っ、
…ご、奉仕ぃ、してください、
あなた

それって、
ご主人様が言うやつやで??w

( ` - ´ )
( ` - ´ )
お願いっ、…?
あなた

しますなっ、ドサッ、

( ` - ´ )
( ` - ´ )
はぁ、っ、…はぁ、
あなた

なんにもしてへんのに
なんではぁはぁいうとんの?w

( ` - ´ )
( ` - ´ )
興奮っ…しちゃったのっ、/
あなた

ともくん女の子みたいやなっ、

あなた

うちが男子みたいでやだけど。w

( ` - ´ )
( ` - ´ )
っ、…//
あなた

んふっw
ともくんのめっちゃ
おっきくなってるやんw

( ` - ´ )
( ` - ´ )
だってぇ、…//
親から虐待を受け、




家出をした中学1年生の夏。




俺はある女の子に拾われた。




その子は信じられないほど美人で




モデル体型の3つ上の




一年生の女子高生だった。




今にも凍え死にそうだった俺を




女の子は拾ってくれた。




なにかお返しをさせてくださいと言ったら




女の子は俺をベッドに押し倒し
あなた

ともくん、…じゃああなた
ともくんのこと犯したいなぁ…










その目は少し怖かった。




俺その時は純粋で学校なんかで、




下ネタなんか言わなかった。




下ネタなんかあんま知らなかった。




それから、体関係になり、




俺から告白し、恋人同志氏になった。




でも、1年経った頃彼女の様子は




おかしくなって…、








.
あなた

ともくぅん、…
これともくんの精子あなたの
顔にかかっちゃった…、
舐めて…??








狂ったこと言い出して…、




奴隷のようにして、…




それでも俺は極度のMだから…、




その時の快感からは逃れられないっ…。




ヤるときはいつも俺が受けで




彼女が攻め。




俺が攻めなんて許されることじゃない
あなた

…ともくん??
こっちみて??

( ` - ´ )
( ` - ´ )
は、はいっ…グスッ
あなた

なんで泣いてるのっ??ww

( ` - ´ )
( ` - ´ )
はやくっ…、なめっ、…てくださいっ…グスッ
あなた

ふふっw
ほんまともくんいいこやねっ、

あなた

でも、こんなに赤く腫れ上がってんのに
舐めないのも勿体ないもんねぇ…。

あなた

ハムッ…ともくんのおっきぃ、…ペロッ

( ` - ´ )
( ` - ´ )
んんっ…ふぅ、…んっ、
あなた

ともくん、ここ好きやもんな…?グリグリッ、

( ` - ´ )
( ` - ´ )
ぐっぅ、…んっ、ぃ…、く、ドピュ
あなた

ともくん感度すごっ、
こんなにおおきいの入るかなぁ…、
今日も騎乗位でやろうねぇ、



















一生この快感から抜け出せない。



















俺は君の"奴隷"だから______。