無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

(θヮθ)×処理 🔞
( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
ねぇ、ヤろ?
たぁくんのその一言で夜は始まる。
あなた

たぁくん、今日はあかんっ…んっ…ん

たぁくんは、私の唇は奪う。
あなた

んっ…た、ぁ…くん

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
なに?
あなた

明日お仕事やないの??

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
そうやけど…
今日俺溜まってんねん
もう一度口づけする。


舌を交わせ、口の中も狂う。
あなた

んっ…ぁ、ん

たぁくんは服の中に

手を入れ色々なものを削ぎとる。
( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
ほらもうこんなにビンビンなくせに
クリクリ…
あなた

んぁ…、ん…やめ…、て

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
うるさい溜まっとる言うてるやん、
そういえば、すぐに

下の口、たぁくんの長く綺麗な指が入る

グチュ…
あなた

ぁ…、ん…たぁくんっ…たぁくん…

たぁくんは私の中を掻き回す
あなた

んぁ…、たぁくん…逝くっ…

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
まだ、逝ったらあかんで?w
あなた

んっ…んっ…逝くっ…(逝)

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
久しぶりに吹いたなw
でも、逝ったらあかん言うたやん
あなた

ごめんっ…なさい…

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
はよ舐めてーや
グチュ…チュパ…レロレロ
( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
んっ…うまくなったな…っ…
あなた

気持ちいい??

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
しゃべったらっ…やばいっ…
たぁくんは、自分で腰を動かす
( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
っ…ちょっ…出るから
ちゃんと飲んでなっ…
あなた

んっ…

たぁくんは私の口の中で果てた
( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
もう限界。
挿れるで??
あなた

うんっ…優しくしてねっ…?

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
今日は…わからへんっw
あなた

えっ…んぁ

たぁくんは強引に私の中に挿れる
あなた

たぁくんっ…大きいよっ…

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
動くで?
パンパンと音を立て肌と肌を動かす
あなた

たぁくんっ…はげしいってばっ…//

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
中出すで?
あなた

うんっ…

( θ ヮ θ )
( θ ヮ θ )
んっ…(逝)
あなた

あぁぅ…(逝)

たぁくんは白い液を私の中に出した





たぁくんこれからも私を愛してください



end