無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

634
2018/08/02

第19話

オムライス
テオくんside



じんたんが実家からスカイハウスに戻ってきた。

お母さんに用事があったらしい。

じんたん
ただいま〜!!
テオくん
おかえりじんたん!!
じんたん
なんか久しぶりな感じがするね笑
テオくん
そーだね笑笑
そういえばお腹すいたかも。

時計を見ると時間はちょうど12時だった。
じんたん
お腹空かない?
テオくん
同じ事考えてた笑笑
じんたん
ほんと?笑笑
おれね、実家で料理教わってきたんだ
じんたん
よかったら食べてくれない?
じんたんの手料理!??!
食べるに決まってる、、!!


てか、お母さんに料理教わるとかっ!!
かわいいかよ!!!!
じんたん
テオくん?嫌だった??
テオくん
嫌なわけないない!!食べる!!!
じんたん
やったぁ!まっててね!!
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

めっちゃいい匂いする、、

じんたん
テオくん!できたよ!!!
テオくん
うっはぁ!うまそー!!!
目の前に置かれたのは美味しそうなオムライス。
思わずよだれがでちゃいそう。


あれ、
じんたんの卵破けてる
じんたん
一個は失敗しちゃったけどテオくんのは上手にできたよ!
テオくん
じんたん、、、
じんたん
さ!食べて食べて!!
テオくん
うん!いっただっきまぁ〜っす!!!
もぐもぐ。
テオくん
っ!!
じんたん
どう、?
テオくん
うんま!!!
テオくん
ちょーおいしい!!!
じんたん
ほんと!!!よかったぁ!
じんたん
そ、その、
じんたん
また、作るから。食べてねっ、
テオくん
もちろん!!!!
いつもより幸せなお昼ご飯だったなぁ。
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

迷走しまくりました。

食べてる描写へたくそか。
慣れないことはするもんじゃないですね。


寝ます( ˘ω˘ )