無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

627
2018/07/08

第13話

暑い
じんたんside



暑い。
暑すぎる。

いくら夏でも暑すぎない?
テオくん
あっちぃ〜、、
じんたん
ねー、暑すぎー


隣にはテオくんがいる。


もしかして、隣に俺がいるから余計に暑いのかも。
じんたん
ごめん、暑いよね。ちょっと離れるよ。
じんたん
ついでに飲み物でも勝ってこよーか?
テオくん
ん、だめじんたん
テオくん
俺の隣にいて。
じんたん
うぇっ、あ、うん。わかった。
テオくん
うん。
暑すぎて頭うまくまわんない、

テオくんも、なのかな。



暑くて汗かいて。
少し触れてる背中がやけどするくらい熱くて。

俺も離れたくないなんて思ったりして。



ずっとこのままで、明日が来なければいいのに。
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

あの、意味不明すぎました。

クーラーつけろよって話ですよね、


めっちゃ短いし。


こんな小説でも読んでいただけてほんとに嬉しいです泣きますありがとうございます。