無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
945
2018/06/11

第1話

熱中症
じんたんside




まだまだ6月なのにあっついなぁ、

夏だと寒いのを理由にテオくんとくっつけないからやだなぁ、


あ、そーだ。

夏だからこそできる"あれ"やろ。


じんたん
んねね、テオくん!
テオくん
ん、どした?じんたん
じんたん
"熱中症"ってゆっくり言ってみて!!
テオくん
えー、笑笑
じんたん
むぅ、言ってよぉ
テオくん
わかった、わかった笑
chu((


!?!??

じんたん
って、ててててテオくん!?、??
じんたん
熱中症って言うんだよぉ///
テオくん
あはは、じんたん顔真っ赤よ、笑笑
じんたん
こっ、これはテオくんのせいだもんっ//
テオくん
ごめんって、笑
じんたん
んむぅ、もういっかい!!!
テオくん
はいはい、
chu((



顔だけじゃなくて全身があつい。

いま俺がこんなにとろけそうなのは、





夏の暑さのせいじゃないよね。
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

はじめまして!ここです!!!


小説ってこれでいいんでしょうか、、

ほぼ会話ですね、、、

語彙力欲しいです((



色々行方不明なのでここで終わらせていただきますね、


では、