無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

742
2018/06/25

第6話

じんたんside




俺は最近同じ夢をよく見る。

なんにもないのにどこかあったかくて安心する夢。


はじめは寂しいな、なんて思ってたけど
今では俺の1番安心できる場所なのかもしれない。


今日だってまた同じ夢の世界にいる。


じんたん
あったかい、、
とっても安心する。

気持ちよくてとろけてしまいそうなくらいに。
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

今日はなんだか寝付けない。
頭もズキズキする。

こんな日はあの人に会いたくなる。



じんたん
ねえ、あいたいよ。
じんたん
、、くん
??
じんたん、おいで。
だれ、?


あ。
このあったかくて安心するにおい。

知ってる。



じんたん
君、だったんだね
じんたん
テオくん、!




なにも無くなんかなかった。

ありすぎたんだ。幸せすぎたんだ、


幸せに包まれてたから、あんなにあったかくて。




いつのまにか君のことがすきだったんだ。
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

あの、謎すぎて私にもよく分かりません。
ごめんなさい


勉強の息抜きです、その程度ってことです。


あの、

テスト頑張るから怒んないでっっ