無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

793
2018/06/21

第4話

かみなり
テオくんside




今日の天気は雨。重たい雲が空を覆って冷たい雨が次から次に降ってくる。



これからもっと酷くなりそうだな、

早めにスカイハウスに行こう。



じんたん大丈夫かな、、






スカイハウスに向かう途中雷が鳴り始めた。

---------✁︎キリトリ線✁︎--------


ガチャ


ドアを開けるとそこにはじんたんの靴があった。
いつもなら揃ってるはずなのに、今日は揃えられていない。
テオくん
じんたーん?
テオくん
じんたん、いないのー??
じんたん
、、、テオくん?


じんたんは毛布にくるまって部屋から出てきた。

おおきな目には涙がたまっている、
じんたん
おそいよおおお、
テオくん
どした?じんたん
じんたん
っふえええ、か、かみなりっ、
テオくん
怖かったの?
じんたん
こわかったあああ
ギュッ



じんたんはかみなりが怖いらしい。
いきなり俺に抱きついてきた

どうしようめためたかわいい、、

テオくん
落ち着くまでこうしてよっか、
じんたん
うん、ありがとテオくん。
じんたん
だいすき、、
テオくん
うぇっ///、じんたん?
スースー



って、寝ちゃったのか。

夏なのに、暑いのにじんたんとくっつけるなんて、、


ちょっとだけ夏が好きになれたかも。