無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

468
2018/09/23

第26話

雨の日
テオくんside



今日は朝からあいにくの雨。

雨の日だけはどうも外に出る気が起きない。

でも今日は撮影があってもうすぐ家を出る時間。



じんたん
テオくーん?準備できた??
洗面台からじんたんの声。
テオくん
んんー、まだ出来てないー
さっきからずっと動けずにいる。

じんたん
ほらほら、早くしないと遅れちゃうよ?
じんたん
俺も準備手伝うからさ、頑張ろ?
テオくん
うんー、
無理やり立たされて準備を始める。



途中、じんたんが
じんたん
タオルもった?
とか
じんたん
傘は??
とか。

まるでお母さんみたいに色々心配してくれる。






じんたん
テオくん!傘って1本しか無かったっけ?!、
テオくん
んぇ?そーだっけ?
じんたん
どーしよーか、結構降ってるよね
テオくん
いーじゃん。2人ではいろーぜ
俺は2人でひとつの傘を使うこと、つまり相合傘を提案した。

じんたん
ええ?!、あ、でも、うーん
じんたんは尻すぼみにごにょごにょと呟いてから
じんたん
それって相合傘じゃん…?
聞こえるか聞こえないか、そんな声で言ったじんたんの顔はほんのり赤くて

いつもは嫌いな雨も今日は好きになれた。
---------✁︎キリトリ線✁︎--------

謎すぎて。



久しぶりの投稿〜!!
読んではいたんですよ。

退化した気がするぜ、、、