無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6話:和くんの家で…
和くんの家にて


これからされることはだいたい予想がつくが…

そうではないかもしれない。

だけど、覚悟はある!

そういうことをされるとすれば…
私の初めてを和くんが取ることになる。


私は処女ですがなにか?


きっと和くんはさすがに一回は経験しているだろう。

それにくらべ私は、彼氏いない歴=年齢なため、
そういうことを1度もしたことがないのである。

そんなことを考えていたためかボーッとしていたらしく…
二宮和也
ボーっとしてどうしたの?なんか心配事でも?
あなた
え?あ、いや、全然!大丈夫だよ!
二宮和也
その様子はなんかあるな…?
なんでもいいから和くんに話してみなさい!(`・ω・´)キリッ
あなた
えっと〜…その〜…今日さ…
なんで私を家に連れてきたのかなぁ?
みたいな?付き合ってまだ1日も経ってないのに笑
二宮和也
え、ダメ?付き合いたてで彼女を家に連れてきちゃ。
あなた
いや、ダメとは言ってないよ?
けど、普通付き合いたてで家に連れてこられたら警戒すると思うよ?
ほら…その…あんなことやこんなことされるんじゃないか?ってさ…
でも、私は和くんだから何されても大丈夫だよ?
二宮和也
ふふっ笑
そんなこと心配してたの?
大丈夫だよ笑 今日は襲わないつもりでいるから笑
まぁ、このあとのあなた次第だけどねぇ…ふふっ笑
あなた
何笑ってんの!
はっきり言っちゃうけど私処女なんだからね!
二宮和也
え?そうだったの?
てっきり、もう経験済みかと思ってた笑
もしかしてだけどさ…彼氏いない歴=年齢
って感じだったりする?
あなた
……感じだったりする
二宮和也
へぇ…
じゃあ、まだ襲わないようにするね。
この家にも慣れてから……ね?
あなた
うん……って、え?
二宮和也
え?まさか、付き合っても同棲しない気でいた?
あなた
いや、もっちょいしてからなのかな…って
思ってたからさ…
でも、和くんが同棲したいんだったらしていいよ!
私が引っ越してくるし!
二宮和也
そう?ありがとう😊
あなたがその気になってきれてよかった笑
じゃあ、早速寝るか?
あなた
うん!寝るか!
二宮和也
一緒に寝る?
あなた
いいの?
二宮和也
もちろん!
あなた
じゃあ、一緒に寝る!
二宮和也
ふふっ笑
じゃあ、おいで?
このあと二人は何事もなく眠ったのであった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さくりんご🍎
さくりんご🍎
とにかく嵐さんが大好きです 磁石よりのall担😆 Snow Man・なにわ男子が好きです 最近好きなYouTuberさん キヨさん りおららさんetc. 新作ちょいちょい出していきたいと思います! 書く書く詐欺ですいません…(´;ω;`) そして亀更新ですʚ🐢ɞ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る