無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4話:午後の編集部にて
私たちは「アリアケ」に似たような洋食屋さんをあとにして
編集部へ戻り午後の仕事へと取り掛かり始めた。

■_ヾ(・・*)カタカタ

編集部は何故か昼休み以外はものすごく静かだ。

逆に静かすぎて集中出来ないくらい笑

すると、隣の席のニノちゃんが、
二宮和也
ねぇねぇいつも編集部って静かだけど、
今日は一段と静かじゃない?(小声)
あなた
だね(小声)
確かに、いつもより静かだ。

私と雅紀くんとニノちゃんは同じ雑誌を担当しているが、
ほかのデスクにいる子達はみんな担当雑誌がバラバラだ。

だから、みんなそれぞれに期限がある。
多分それに合わせて仕事をしているんだろうが、
それにしても、この静けさは今まで以上だ。

と思っているとまたニノちゃんが
二宮和也
ねぇ、気分転換にちょっと出ようよ
喉もかわいてるし、なんか飲み物買いたい。
あなた
そうだね〜
なんかこんなに静かだったら仕事ができない😅
二宮和也
んね笑
二宮和也
てことで大野さん
俺たち、ちょっと外出てきますわ〜
大野智
(■_ヾ(・・*)カタカタしながら)
はぁ〜い、できるだけ早く戻ってきてね〜
二宮和也
分かってますよ笑
私達は飲み物を買いに一旦仕事を中断し、
一息つきに会社の中にある、カフェへ向かった。

.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚
カフェSakuraにて
店員
いらっしゃいませー
ご注文は何になさいますか?
二宮和也
じゃあ俺は、アイスコーヒーで
あなた
私は、アイスココアで
店員
かしこまりました。
店内で召し上がりますか?持ち帰りにしますか?
二宮和也
持ち帰りでお願いします。
店員
かしこまりました。
お会計、840円になります。
私もお金を出そうとすると…
二宮和也
いいよ、俺が払う。
あなた
えっ、でも…
二宮和也
いいから。
これでお願いします。
店員
はい、1000円お預かりします。
160円のお返しです。
ありがとうございました〜!
。。。"8-(*o・ω・)oテクテク
あなた
ありがとう😊
二宮和也
いいえ笑
これぐらい男が払わないと!笑
まぁ、俺が払いたかっただけなんだけどね笑
あなた
カッコイイね笑
そういうことがサラッと出来るのって。
二宮和也
そう?
カッコイイと思ってもらえてなにより笑
あなた
ふふっ笑
じゃあ、飲み物も買ったことだし、
編集部に戻りますか!
二宮和也
だな笑
。。。"8-(*o・ω・)oテクテク

と、歩いているとニノが
二宮和也
あなた
あなた
何?急に呼び捨てで呼ぶなんて笑
なんか怖いんですけど笑
二宮和也
これから俺がするのは真面目な話。
いい?よく聞いて?
あなた
うん…
二宮和也
なんの前フリもなくストレートに言うけど、
俺は、あなたが好きだ。
あなた
はえ?
ニノは私が好き?????

理解不能…

なんで?なんでこんな私を好きになるの?
あなた
なんで、私なんかを?
二宮和也
そこら辺の変に気取ったヤツらより、
全然、あなたみたいなやつが好きだし、
何より、あなたの性格が好きだ。
優しいし、いろんな気遣いもできる。
この人なら信じられるって思った数少ない人の1人
だからって言うのもある。
ほら、俺らって入社した時から一緒じゃん?
多分 俺、気づいてないだけでその時からずっと
心のどこかであなたのことが好きだった。
二宮和也
だから、あなた。
俺でよければ、付き合ってください!┏○))ペコリ
あなた
え、あ…はい、よろしくお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
二宮和也
え…マジで?!
いいの?俺なんかで!
あなた
いいの。
逆にニノじゃないと嫌だ
二宮和也
嫌ってことはないしょ?笑
あなた
あるんだな〜、それが。
実はね、私もニノのこと好きだったの。
二宮和也
え!マジで?!
あなた
うん、マジで笑
なんで好きかって言ったら、
普段は冷たそうにしてるけど、
実は寂しがり屋だってことが一緒にいてわかった。
あとは、仕事の速さだね。
まぁ、企画部長の櫻井さんには適わないけど笑
あとは、信じられないほどのイケメンだってことと、
ちょっといたずらっ子っぽいところがあることかな?
あとは…
二宮和也
もう、それ以上言うな!
恥ずかしくなってくる…////
あなた
あ、ごめん笑
ニノの好きなところ言ってたら
止まんなくなっちゃった笑
二宮和也
んなこと言われたらさらに恥ずいわ//////
あなた
ごめんごめん笑
二宮和也
あとさ、ニノって呼び方やめて、
和くんか、和って呼んで
あなた
えぇ…( ´・ω・`)
急に言われましても…
二宮和也
えぇ、じゃあ俺、あなたのこと嫌いになる〜
あなた
え…それは嫌だ…
わかったよ…呼ぶよ……そのうち笑
二宮和也
今じゃなきゃ、ダ〜メ
あなた
えぇ…もう…分かった…!
か…かず……くん…//////////
二宮和也
ふふっ笑
じゃあ俺はあなたって呼ぶから。
ってかもう呼んでるけど笑
あなた
分かった笑
二宮和也
じゃあ、戻ろっか。
私達は、ついに付き合うことになりました!笑

作者:かなりのバカップルになると思う((ボソッ…

ん?作者さんなんか言った?

作者:いえ!なんでもありません!

そ?ならいいけど笑

まさかの両思いとはねぇ…笑

いや、私ね?一方的な片想いしかした事無かったから、
両思いって言うのが初めてっていうか……なんか…

違和感がすごい笑

いやぁ、でもにn……じゃなかった。
和くんと付き合えることになったんだし、いいじゃん笑

てことで、これからもよろしくお願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さくりんご🍎
さくりんご🍎
とにかく嵐さんが大好きです 磁石よりのall担😆 Snow Man・なにわ男子が好きです 最近好きなYouTuberさん キヨさん りおららさんetc. 新作ちょいちょい出していきたいと思います! 書く書く詐欺ですいません…(´;ω;`) そして亀更新ですʚ🐢ɞ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る