無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話:風邪の彼女 和side
あの日から彼女はかなり上達した。

けど、練習の毎日だったから、体も疲れちゃったんだろうな…


風邪引いちゃったんだよねぇ…

二宮和也
あなた〜、大丈夫?
あなた
大丈夫なわけ...ゴホッ...ないでしょ...ゴホッ...
二宮和也
まぁ、そうだろうね。
会社には俺が連絡しといたから。
俺も休むって言っておいた。
あなた
えぇ...何もそこまで...
私のことはいいから...
二宮和也
大丈夫じゃないんでしょ?
それに、大野さんにもアイバカさんにも
看病してあげなって言われたし。
言われなくてもする気だったし。
あなた
ううぅ...( ˘•ω•˘ )
二宮和也
そんな顔しない笑
あ、そうだ。一応病院行く?
あなた
うん...行こっかな...
二宮和也
んじゃ、起きれる?
あなた
それくらいはできるよ...
子供じゃないんだから...
二宮和也
はいはい笑
じゃ、着替えて準備して。
ゆっくりでいいからね?
あなた
はぁーい...
-準備完了-
二宮和也
よし、じゃあ行くか。
はい、手繋いで?
あなた
えっ...
二宮和也
えっ...じゃなくて笑
ただでさえ病人なんだから。
俺が支えなくて誰が支えんの?
あなた
そうだね...
少し躊躇ったけど、手を繋いでくれた。

こういうところも好きなんだよねぇ...


-病院到着-

病院は比較的空いていて、診察券と保険証を出して、
少し待っていると直ぐに名前を呼ばれた。

でも、診察券出した時、めっちゃ顔見られたんだけど...
なんでだろ?

まぁ、それは置いておくとして...



いくつかの検査をしたあと、再び診療室に呼ばれた。
栗原一止
上川さん、先程の検査の結果...
やはり、インフルエンザA型でした。
あなた
本当ですか...
栗原一止
はい。
ですので、会社に通勤できるのは少なくとも
五日後ということになります。
熱が下がらなければ五日後以降になります。
二宮和也
そうですか...
ありがとうございました(*・ω・)*_ _)ペコリ
栗原一止
はい。
お大事になさってください。
あなた
はい。ありがとうございました(*・ω・)*_ _)ペコリ
ガラガラ...戸を閉める音


そして、お金を払い、薬をもらって、
家に帰ってきた。

あなたは当然ぐったりとしている。
二宮和也
さ、楽な格好に着替えて寝な?
その方が楽でしょ?
あなた
うん。ありがとう😊
何から何まで...
二宮和也
なんもだよ。
彼氏はこれくらいするのが普通なんだから...
あなた
そうなの?
二宮和也
そうなの。
じゃ、俺は家で出来る仕事してるから、
何かあったら呼ぶんだよ?
あなた
はぁーい...
仕事してるからと言ったものの、
やっぱり心配で、着替えが終わったことを確認して、
部屋に入り、彼女が寝付くまでそばにいた。


スヤスヤと眠る彼女はとっても可愛くて、
キスしたくなったが、やめておいた。

寝込みを襲う彼氏ほど最低なものは無い。
二宮和也
さぁ〜、仕事すっかぁ...
まぁ、仕事と言うより趣味と言おうか...


そう、ゲーム実況副業という名の仕事だ。

それくらいしか、家で出来ることがない。
パソコンを開いても、彼女がいないと集中出来ないし...
まぁ、ゲームも同様なんだけどね?笑

でも、好きな事って割と集中できるじゃない?

だから、実況をやる!(理由になってない)
二宮和也
皆さん、こんにちは、こんばんは。
にのかずです。
今日もゲーム実況やっていきましょう!
そして、何コースかやって、あることに再び気づく。
二宮和也
あ、さっきからコメント頂いてますけど、
今彼女、インフルになっちゃったんですよ〜...
俺が練習させすぎたせいもあるんですかね?
体調崩しちゃって...
俺は大丈夫ですよ?全然元気です笑
でも、ちょっと寂しい...( ˘•ω•˘ )
まぁ病人さんなんで、しょうがないんですけどね?
とかなんとか言いながら、
ゲーム実況を終わらせると、
お腹を空かせた彼女が起きてきた。
あなた
和くん...お腹空いた...
二宮和也
あなた...
食欲はあるのね笑
あなた
悪い...?
二宮和也
いや、全然。
むしろよかった。
食欲なかったらどうしよっかな...
って思ってたから。
あなた
私って不思議なことに、
食欲だけはあるんだよね...
いっつも。風邪とかになった時。
二宮和也
いいことなんじゃない?
無さすぎるよりは。
あなた
そうかな...?
二宮和也
そうだと思うよ?俺は。
食欲あるって言っても、
そんな食べられないでしょ?
あなた
うん...
二宮和也
じゃ、たまご粥作るから、
布団入って待ってな?
あなた
うん...ありがとう...
そして、たまご粥を作り終え、
彼女の元へ...

||☆\“(・_・。)コンコン
二宮和也
入るよ?
あなた
はぁーい
二宮和也
お待たせ。できたよ。
あなた
ありがとう😊
二宮和也
自分で食べれる?
あなた
食べれる。
二宮和也
そっか。
でも、1人じゃ寂しいから、
ここにいていい?
あなた
良いよ笑
二宮和也
なんで笑ってんの?
あなた
いや...和くんがそんな素直になるなんて
珍しいなぁ...と思って...
二宮和也
俺だって素直になるよ笑
あなた
そうだよね笑
本当は寂しがり屋なんだもんね?笑
二宮和也
そ、それは...
あなた
違わないでしょ?
寂しいって言っちゃってんだから笑
二宮和也
確かに...笑
っていうか、早く食べないと、
冷めちゃうよ?
あなた
あ、そうだった笑
いただきまぁす🙏
二宮和也
はい、召し上がれ。
フーフーしながら食べる彼女も、
小動物みたいに可愛らしい。

なんだかんだ言い合いながら、
あっという間に食べ終えてしまった。

ホントに食欲あったんだな...と
思った一瞬だった...笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さくりんご🍎
さくりんご🍎
とにかく嵐さんが大好きです 磁石よりのall担😆 Snow Man・なにわ男子が好きです 最近好きなYouTuberさん キヨさん りおららさんetc. 新作ちょいちょい出していきたいと思います! 書く書く詐欺ですいません…(´;ω;`) そして亀更新ですʚ🐢ɞ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る