無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第五話 💎
またまた過去の話
まあデミの昔は知ってるだろ?
リサイドにいたんだ
俺はと言うと
そう、アルカリアの乗組員となっていた
ガチャ!
フィオナ・ジルマン
おい!ナワーブ起きろーーー!
ナワーブ・サベダー
フィオナ!お前勝手に部屋入ってくんな!
フィオナ・ジルマン
あれ、ノックしてなかったか?
ナワーブ・サベダー
してねえよ!
フィオナ・ジルマン
おお、ごめんごめん
フィオナ・ジルマン
朝食はできてるから
フィオナ・ジルマン
冷める前に食べなよ
ナワーブ・サベダー
あーい
食堂
ナワーブ・サベダー
ソソソ…
ヘレナ・アダムス
サベダーさんおはようございます〜
ナワーブ・サベダー
ビクッ
ナワーブ・サベダー
ヘレナって凄いよな…
ヘレナ・アダムス
ん?何がですか?
ナワーブ・サベダー
いや、目が見えないのに銃は百発百中だし、
ナワーブ・サベダー
後ろにいても気づかれるし
ヘレナ・アダムス
見えないからこそ見えるものがあるのです
ヘレナ・アダムス
朝食どうぞ
ナワーブ・サベダー
深い事をさらっと言ってる
ヘレナ・アダムス
毎日が名言みたいなものです
ナワーブ・サベダー
(俺より年下なのに俺より頭のいいヘレナ)
ナワーブ・サベダー
(なんか俺が年下みたい)
カヴィン・アユソ
やあやあ、おはようヘレナ!
ヘレナ・アダムス
おはようございますアユソさん!
カヴィン・アユソ
キャプテンはもうお目覚めかな?
ヘレナ・アダムス
1番に食べに来てました!
カヴィン・アユソ
あのレディは気がお早い
カヴィン・アユソ
俺は今日の予定を聞いてくるよ
ーアユソ視点ー
 コンコン(ノック)
カヴィン・アユソ
キャプテン
🚪<入れ
マーサ・ベハムヒュール
なんだアユソ
カヴィン・アユソ
本日の予定をお聞きしたいのですが
マーサ・ベハムヒュール
今日は私が単独で行く
カヴィン・アユソ
なっ、せめて俺だけでも連れていってください!
カヴィン・アユソ
危険でs
マーサ・ベハムヒュール
確かにそうだな
マーサ・ベハムヒュール
私は弱い
マーサ・ベハムヒュール
そう言いたいのだろう?
カヴィン・アユソ
いえ、そうでは
マーサ・ベハムヒュール
まあ、わかったアユソ着いてこい
カヴィン・アユソ
ありがとうございます
マーサ・ベハムヒュール
私が単独で行きたい理由を教えよう
マーサ・ベハムヒュール
近くにリサイドがいる
カヴィン・アユソ
…!
カヴィン・アユソ
ホセ・バーデン…
マーサ・ベハムヒュール
だが今回、ホセには用はない
マーサ・ベハムヒュール
用があるのはあの娘だ
カヴィン・アユソ
デミと言うやつですか
マーサ・ベハムヒュール
そう、あいつはホセの恋人すなわち
マーサ・ベハムヒュール
あの娘を利用してリサイドを潰すことも可能
カヴィン・アユソ
だがリサイドの守りは硬い。どうやってあの娘を?
マーサ・ベハムヒュール
あの娘は酒を作っているそうでな
マーサ・ベハムヒュール
その酒に合う食材を買いにリサイドの乗組員と買い物に出てきた所を拐うんだ
カヴィン・アユソ
だが、乗組員が一緒だとすれば…
マーサ・ベハムヒュール
その乗組員はか弱い
マーサ・ベハムヒュール
簡単だ
カヴィン・アユソ
なるほど
マーサ・ベハムヒュール
さあ、行くぞ
ガチャ(ドアを開ける音)
ナワーブ・サベダー
おっ、キャプテン!
マーサ・ベハムヒュール
ナワーブ、牢屋を空けておけ
マーサ・ベハムヒュール
今から狩りに行く
ナワーブ・サベダー
あいあいキャプテン