無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
私たちはバクステが当たったので
アンコール前に集合場所に行った
りんか
りんか
1番最後なんだね
しおり
しおり
そうだね!
しおり
しおり
えってことは喋る時間長いの!
りんか
りんか
うん!めっちゃ長い!よっしゃ
そして順番になった
GENE
GENE
あっ!最前列の子だ!
しおり
しおり
小声)やばい!(涙)
白濱亜嵐
白濱亜嵐
2人とも誰のファンなの?
りんか
りんか
私は玲於くんです!
しおり
しおり
わ、わ、私は亜嵐くんです!
佐野玲於
佐野玲於
お~!ありがとう!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ありがとね!
しおりは亜嵐君と隼君の間に
りんかは玲於くんと涼太くんの間に
しおり
しおり
えっ!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ごめんダメだった?
しおり
しおり
全然大丈夫だよ!
亜嵐くんがやったことは
手を繋いでくれました!
しかも恋人繋ぎで!
そして、終わりました
GENE
GENE
ありがとね!
また来てな!
しおり
しおり
また来ます
りんか
りんか
また来ます