無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

嘘 《 番外編 》
エイプリルフール 。
ちみちゃんどっきり作戦 。
『あなたなんか ッ 。』
『だ 、だ 、』
「ん ??」
『だ、だ い …』
(( 内心壊れそうなぐらい大好きだから大嫌いとか言えないちみお 。
『だいっきらい !!!!』
「え ??」
『大嫌いだって !!』
「え ッ …え ぇ ?!」
ぶわっと泣き出すあなたちゃん 。
「そ、そうなんだね ッ 。 ごめ 。」
『あ 、ちょ 、ちが 、 ちがくて 、』
玄関飛び出して出て行っちゃうあなたちゃん 。
罪悪感たっぷり
彼女ちゃん泣かしちゃった
からちみちゃん
ぱにっく 。
『どうしよ 。』
『こ 、こんなはずでは …』
実はこれ逆ドッキリってやつで
外にはてひょんくんがいて
実は浮気してたどっきり((
探しに行こうと外に出るちみちゃん 。
きょろきょろ見渡すと
奥にてひょんとあなたちゃん 
『あなた !!!!』
叫ぶちみちゃん
(( 近所迷惑
「なに …」
『お前いつからそういう関係なんだよ』
「誰と 。」
『てひょんとだよ !!!』
明らかにものすごい激おこぷんぷんまるな
ちみちゃんにぱにっくあなた
「付き合ってた 。」
『は ??』
「だから付き合ってた ってば !!!」
『んだよお前 。』
「……」
『お前は …』
『てひょんといた方が 。』
『幸せなのか ?』
予想外な答えにびっくりあなた
「へ ??」
『俺は』
『お前が幸せなら』
『諦める 、』
『てか諦めれねぇけど 。』
『俺はお前の幸せを』
『優先すっから 。』
口調が悪くなりつつ
でも
しっかり彼女のことを考えてるちみちゃんに
あなたちゃん罪悪感で
「ごめ …」
「嘘 …」
『はぁ … 』
重いため息をつくちみちゃん
『なら いいよ … 』
『ほら 、 あなた帰るよ …』
「う、うん ッ 。」
てひょんくんぽかーん 。
家に着いても
「ちみちゃんごめんね …」
『ん 。』
「ねぇちみちゃん 。」
『ん 。』
「許して ??」
バサッ
『お仕置きしてからな 。』
この後何があったかは内緒 ♡←