無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌷
ただいまスタバなう 。
テヒョンくん待ってるんだけど 。
「まぁ ー だっかなぁ」
スマホ いじろうとした瞬間に視界奪われる (((
「ひ ッ ?!」
[だ ぁ ー れだ 。]
「テヒョン くん !!」
[イヒヒィ ~ 。分かっちゃったかぁ 。]
四角く笑う口 。
かわいすぎる 。
「あ 、座って座って !!」
[うん っ !!]
[で ?? どしたの ??]
「あ 、 あの ね …」
「最近 、ちみちゃんが冷たいの 。」
「最近っていうか…朝からっていうか…」
[そっかぁ …]
「だから … 仲良いテヒョンくんならしってるかな ッ … て」
[ごめ … 俺なんも知らない 。]
「そっかぁ ……」
[じゃあさ …]









[俺にしない ??]
「え ??」
[なぁん て …]
「あはha …」
[って言うと思った ??]
「え ?」
[俺 … あなたちゃんのこと …]





[好きなんだよね …]
「え ??」
[ごめ 、弱ってるとこにつけ込むとか …]
[かっこ悪い … ね 。]
「そ、そんなことないよ  !!!」
[じゃあ …俺と …]
「ッ … それは…」


するとテヒョンくんの顔はぱぁっと明るくなって
[さぁ、何飲もっかな♡]
「ん ~ どしよ ッ か !!!」
じゃあ ~ …これ !!
甘ぁーいやつを選んだテヒョンくん。
結構かわいい ((