無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🐥
今リビングゥのソファに座って朝ごはん待ってるんだけどさ。
いや、
やっぱりおかしいよね。
無言だものあの方。
『っし 。できた。』
『ん 。あなた食べるよ 。』
「…はぁい 。」
なんか悪いことしたっけとか思っちゃう。
机みたら結構上手にお料理してるのよ ((
『いただきます 、』
「いただきます 、」
なんだろう 。
ki
ma
zu
i
yooo !!


(( 気まずいよぉぉ !!
無言 。
考えながら食べると …
『あなた 、 おいしくない ?』
「お 、 おいしいよ ?!」
『ん 。』
んぇぇぇ ?!
ん 。 って
ん 。って !!!
『ごちそうさま 。』
「は 、はぁい …」
『じゃ 、俺ダンスの練習してくるわ 。』
「わ、わかった !!!」
『じゃ 、いってきます 。』
「いってらっしゃい … !!」
いやぁ ……
おかしい …
結局 。
30分かけてご飯食べました ((
おかしいから ちょっと …
クオズで有名テヒョンくんに聞いてみよう♡♡
  




~ カトク ~
your
テヒョン くん !!!
なんでだろ …
テヒョンくん既読つくの秒だぞ ?!
テヒョン
は ー い ?
your
今から会える ??
テヒョン
うんうんうんうん !!!
your
じゃあ …… スタバで集合ね !!
テヒョン
おけ !!




テヒョンくん … なんか知ってるといいな …