無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🌷
「う 、 うん ッ … /」
なんで恥ずかしがってるかって ?!
ちみちゃんこんなことしてくれなかったもんッッッッ!!!
そしたら
こつんっておでこ合わせられて
自分の顔が赤くなったのがわかったよ♡←
『ん 、 負け 。』
「は ?!」
『あなた顔赤くなった 、負け 。』
「くそおおおおお 。」
そんなん聞いてないぃぃぃ
そんで降りようとしたら
『だぁーめ 。』
って止められる 。
「………むっ。」
『そう言いながら嬉しいくせにㅋ』
「う、嬉しくなんかないもん ッ !!!」
『俺には分かんだよㅋㅋ』
「むぅぅぅ …」
「ねぇそう言えば最近冷たい 、やだ。」
言っちゃったぁぁぁぁぁぁ((
『ん 。』
「なんで 。」
『ちょー っとお子ちゃまには言えない事がありまして ♡←』
「……ちみちゃんうざい」
グサッ …
なにかが刺さった音がしました ((
私の彼氏 。
つめたくもなったけど
うざくもなったみたいです 。