無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🐥
~ カトク ~
ジミン
ねぇ 。あなた??
ジミン
あなた
ジミン
あなた!!
ジミン
あなた!!戻ってきて !!
ジミン
ちむのあなた !!
ジミン
そっち行くからね !!!!
「じんくん …」
【ん ~ ??】
「今から来るって …」
【ほらね ~ ??】
「う ~ ん …」
ピンポーンピンポーンピンポーン
ガチャ
『あなた !! あなたは ??』
【リビング に居るよ ㅋㅋㅋ】
ギュゥゥゥゥ
『ったく … まぢ心配した …』
「ちみちゃんが悪いんだもん …」
『俺は悪くない 。』
((( おおっと … ちみちゃんが 『俺』という言葉を覚えたぞ ?!
「なんで …」
『お前がヒョンばっか見んのが悪い 。』
「嫉妬したの ~ ? ㅋㅋㅋ」
『うるさ 。 帰る 。 』
そんな やりとりを見させられてるわ ~ るどわいどはんさむ 。
【 (  ˙-˙  ) 】
『じゃ 、ヒョン 、こいつがお世話になりました 。』
【 はいは ~ い 。】
『ほら ッ 。帰るよ 。』
ヒョイッ((
なに抱っこされてんの私 。
ん ?
え ?
ちみちゃん抱っこできんの ?!←
「お 、 おろして !!」
『やだ 。』
【は ~ い 。 早く帰ろ ~ ね ~ ?? は ~ い 。】
わーるどわいどはんさむ。無理やりちむかっぷる外に出しました((
(( ちむかっぷる移動中 ))
急に始まる反省会。
『あなた 。』
「はい 。」
『ごめんなさい は ?』
「……」
『ん ~ ?』
「……ごめんなさい ッ」
『よしよ~し偉いです♡←』
ち み ち ゃ ん
お と な に な っ た 。