無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🐥
家帰ったらちみちゃんくつろいでた 。
『あ、 おかえり 。』
「た 、 ただいまぁ …」
まだ 、
まだ 、
冷たいわぁぁぁぁぁ ((
あと
テヒョンくんのことで
頭が すごいことになってるよ ♡←
『ね 。 どこ行ってたの 。』
うわぁぁぁぁぁ ((
誰と って聞かれたら終わりだよ ♡♡
「ちょっと スタバ まで …」
『誰と 。』
あぁぁぁぁぁぁ
オワタ\(^o^)/ ♡♡
「な 、仲良い子と …」
あ 、心の中では
「ちみちゃんと仲いい子と 」
って言ったよ♡♡←
『あっそ 。』
うわぁぁぁぁぁぁ
ちみちゃん !!
ぴーちゃん泣いちゃう 。
ちみちゃん冷たいよおおお。
「う 、 うん 。」
色々な意味で
涙でるよ 。
テレビつけてちみちゃんの隣に座ってみた ((
♪ せいぶみ ~ 
は ッ 。
じんくううううううんんんん !!!!!
心の中で叫んだわ ((
そしたらお尻浮いたんだけど 。
え。 
どうやら私 。
ちみちゃんのお膝に向かい合って座っているようです。
『お前は俺を見とけばいいの 。』
「え ?」
『俺 だ け を 。』
ち 、 ちみちゃんじゃない …