無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🐥
『わ、わ、わ、わかったよ …教えるよ …』
「はぁぁい 。」
話を聞くと
あなたが出ていった時に
ゆんぎくんに相談したところ
『飽きられたんじゃね』
『お前あなたにでれでれだから』
と言われたそう 。
だから冷たくしてたらしいです 。
心の中では
ちゅうしたいって思ってたし
スタバ行った時も心配して
泣きそうになったらしいです 。
「ちみちゃん ㅋㅋㅋ」
こんなことで冷たくしてたとは知らず
爆笑するあなたちゃん 。
『わ、笑わないでよ ッッッッ !!!』
「ほんっとかわいい ㅋㅋㅋ」
『むぅ …』
「あ、でれでれちみちゃんに戻った」
『い 、いいもん 。』
「ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ」



チュ



「ッ…」
『うるさい …』
「…………ちみちゃんのばか」
『ぴぃちゃんのばか』
『「愛してる」』
仲直りをして
仲直り記念日
とか言っていろいろやっちゃうし
あなたちゃんもちみちゃんも
いつもより倍にでれでれで
幸せな1日になったちむかっぷるでした♡





え ん ど 。
____________________




あんにょんはせよ 🌷
がゆんいむにだ ~ ~ 🍑



一応終わりです 🌙


お気に入り数も100を超えて
ほんとに嬉しかったです 💗
それでですね …
番外編 (?) を何個か
書こうかな …
って思ってるんですよ 🐴 ←
なので
書くか書かないか
読んでくださるのはみなさんなので
皆さんに考えてもらいたいな…と🐰
🌾待ってます 💪
では 。
あんにょ ~ ん 🌷