無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,348
2019/01/01

第59話

53.
あの後、
私が分からないと言った場所全てを
事細かに教えてくれた。

嵐さんの一員になった今でも、
翔から直々にレッスンを受けるなんて
夢みたいなんだよね…

夢じゃないけど…笑

そして、あの日から数日後、
とうとう東京本番が来て、無事に3Daysを終えた。

不安とかでいっぱいだったけど、
みんなで助けてくれて良かった。

まだ、認めて貰えていない部分はあるけれど、
そこも全部、翔の奥さんとしてじゃなく、
嵐の一員として。櫻井あなたとして、
認めて貰えるように頑張んなきゃ!

多少の知名度もあげなきゃね…
翔の奥さんも務まらんからね…笑

8Jも終わって今日で今年が終わろうとしている時。

翔が話しかけてきた。
櫻井翔
櫻井翔
ねぇねぇ、あなた。
あなた
あなた
ん~?どした?
櫻井翔
櫻井翔
今日の紅白司会上手くやれるかな?
あなた
あなた
大丈夫だよ!
10年以上毎週月曜日に
生放送出てるでしょ?
それに、何回音楽番組やってきてるの?
櫻井翔
櫻井翔
そうだけどさ…
なんて言うの?その年を締めくくる、
責任重大な日に、それも紅白歌合戦
っていう、何年もやって来た、
言わば、長寿番組みたいな?
そういう番組に1人で司会するっていう、
不安がすごいの。ちゃんとできるのかな?って…
まぁ、すずちゃんとか内村さんもいるし…
嵐としては何度かやらさせて頂いてるんだけど…
あなた
あなた
それでもまだ不安なの?
櫻井翔
櫻井翔
うん…
あなたなら知ってるでしょ?
こういう時、俺は1番緊張するって。
あなた
あなた
知ってるよ?
だから、下調べも欠かさないんだもんね?
櫻井翔
櫻井翔
そう…
彼は、いくつもの仕事をこなしてきているが、
それでも、不安というものはなくならないもので。

彼の職業柄、特に気を遣わなければならない。

そのため、色々な不安が積み重なるんだ。

私も嵐さんの一員になって気付いた。

やっぱり、ジャニーズの仕事って大変なんだな
っていうことに。

前々から思ってはいたけど、
想像以上に大変な仕事で、嵐さんに関しては
恐らく、他のグループより仕事の量が多いから、
すごく大変。

ただでさえ大変なのに、
彼はスケジュールが埋まっていないと
不安になるって前に言っていた。

私は、そういう所にもプロ根性を感じる。
あなた
あなた
でも大丈夫。途中で私もそっち行くんだから。
翔はこういう時、人に頼らないと。
いつも1人でやろうとするから…
本当にいつか体壊しちゃうよ。
櫻井翔
櫻井翔
ありがとう😊
あなたが居るから頑張れる。
頼りにしてるつもりよ?
あなた
あなた
そう?なら良いんだけど…
ファン時代からずっと思ってた。
翔はさ?無理しても死にゃあしない
みたいなこと言ってたじゃん?
櫻井翔
櫻井翔
うん。
あなた
あなた
だけどさ、近年過労死とか
色々増えてきてるじゃん。
だからさ、翔も無理しすぎたら
ダメだよ?たまに休まなきゃ。
櫻井翔
櫻井翔
うん、ありがとう😊
でも俺はあなたに元気もらってるから。
どんなに疲れてる時でも、あなたを見ると
自然と元気になるんだ。
だから、俺はあなたがいれば十分。
あなたが隣に居てくれるから、
俺は安心出来る。もちろん他の4人も同じ。
4人に関しては、20年以上の付き合いがあるから、
安心っていうより、その4人が隣にいること自体が
当たり前になってきてる。あなたと出会ってからは、
あなたが居ないとダメになりそうだった。
でも今こうして、まだ式はあげてないけど、
結婚して、夫婦になれて、一緒にいることが当たり前になって。
4人以上とは言えないけど、少なくともそれに値する
安心感があなたにはある。
櫻井翔
櫻井翔
だから、俺はあなたが居れば十分なの。
あなた
あなた
そっか。ありがとう😊
翔がそんな風に思ってくれてるなんて…
気づくと私は泣いていた。
櫻井翔
櫻井翔
おい笑
泣くなよ〜笑
あなた
あなた
だって…グス
私は翔の役に立ててるのかな?
とか…グス思ってたから…グス
櫻井翔
櫻井翔
ほら、泣かないで。
おいで。そしたら俺も安心するから。
(´。-ω(-ω-。`)ギュッ♡

と、抱き締めてくれた。

翔は俺も安心するから、
と言って、抱き締めてくれたが、
多分本当は、私を安心させるために
抱き締めてくれたんだと思う。

カッコイイなぁ…︎💕︎

なんて、翔の温もりを感じながら思う。
櫻井翔
櫻井翔
1回深呼吸しよっか。
吸って〜、吐いて〜。
あなた
あなた
すぅ〜、はぁ〜。
櫻井翔
櫻井翔
大丈夫?
あなた
あなた
うん。ありがと。
もう大丈夫。
と言って離れようと立ち上がると、
腕をひかれて再び翔の腕の中へ。
櫻井翔
櫻井翔
まだ離れないで。
もう少し。あと5分。
あと5分このままでいて。
あなたから元気もらうから。

あ、ちなみに今バックハグ状態です。

だから、心臓も爆発しそうなくらい
ドキドキしてる。

ってか、5分って少しじゃないよね?笑
まぁ、翔だから許すけど笑

-5分後-
あなた
あなた
もうそろそろ、離れて?
櫻井翔
櫻井翔
えー、もう5分経ったの?
あなた
あなた
経ったよ。
ほら、離れる!
櫻井翔
櫻井翔
本当はまだくっついてたいくせにぃ笑
あなた
あなた
それは翔でしょ!
櫻井翔
櫻井翔
あ、バレました?笑
まぁでも、翔が言ったことも
あながち間違ってはいない。

でも、あれ以上くっついてたら、
私が持たないもん。いろんな意味で。

ドキドキで心臓ヤバいし。

でも、そんなことをしていたら、
もうすぐで出発する時間になっていた。
あなた
あなた
バレるよ!笑
ほらもう準備しないと!
みんな来ちゃうよ!
櫻井翔
櫻井翔
はぁ〜い…(´-ω-`)
あなた
あなた
(小声で)
子供みたいだな…
櫻井翔
櫻井翔
なんか言った?
あなた
あなた
なんも!
ほら、早く準備!
櫻井翔
櫻井翔
はいはい笑
あなた
あなた
はいは一回…
櫻井翔
櫻井翔
分かってないように聞こえるから、
でしょ?コオ先生に影響されすぎ笑
コオ先生ってか、トキワさんと大地か笑
あなた
あなた
そんなことは良いから!
準備出来たらみんな来る前に下降りるよ!
櫻井翔
櫻井翔
はぁ〜い