無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

朝起きると、もう一度電話をかけよう。

あれ、今は朝?
ここはー





夢?


夢かあ。


ふっと目を覚ました。―朝か……
目覚まし時計は7時にセットしているのに、30分も早く起きてしまった。
二度寝するには時間が足りないので、ベットから出ることにした。

グツグツと音をだんだん大きくしている。
コーヒーのいい香りだ。
とぽとぽとコーヒをカップに入れる。
毎朝この時が1番の至福のときであり、一日の始まりだ。
さて、朝ごはんは何を食べよう。
さて、朝ごはんを食べたあとは、顔を洗って歯磨きもして、もう一度電話をかけてみよう。