無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

届かない手
思い出したわ。
電話をかけたい。
その気持ちは大きくあるのに、届かない。

どうして-?

ここは、電話ひとつすらまともに出来ない場所なの?

そんなのおかしいわ。